マンハッタン・オプ

著者
矢作俊彦
出版社
ソフトバンク クリエイティブ株式会社(ソフトバンク文庫)

名無しの探偵(オプ)

本シリーズは、FM東京が1980年5月から83年9月まで、月〜金の深夜11時45分から十分間オンエアしていた番組の放送台本をもとにしたものである。(解説より)

『マンハッタン・オプ』が再刊された、との新聞広告を見たとき、寝る前に聞いていたFM放送を思い出した。 当時、大学を卒業して一人暮らしを始めたばかりで、タイマーにラジカセをつないで、眠り込むまでの1時間ほど、FM東京を聞いていた。

夢を抱いた若者、贅沢に飽きた成功者、チンピラ、酔っ払い、売春婦、強面の警官。 それぞれの生活を抱いた人々が集う大都会にオフィスを開く私立探偵、「私」の一人称で語られる事件の数々。

初めて、ハードボイルド・ミステリというものに出会ったのが、あの番組だったのだ。

その後、ハメットやマクベインを読んだりした。 『マンハッタン・オプ』のニューヨークは、マクベイン(「87分署シリーズ」)のアイソラだ。 実在する街のリアルな出来事ではなく、架空の町のファンタジーのようだ*1

ただし、そのファンタジーは女子供向けではない*2。 ときに暴力的であるが、基本的には心優しい、ストイックな(といって禁欲的ではない)男の物語である。 左様、男の誰もが憧れるが、決して(と言ってもいいだろう)実現できない暮らし(のうちの一つ)である。

……こういう話を読むと、バーボンを飲みたくなるのだよね。 もちろん、ストレートだ。


*1 「科学的」と冠しているサイトのオーナーがファンタジーを読むの? という問いに答えよう。ただのファンタジーは読む気がしないのだが、SF的な仕掛けのものや、ミステリー仕立てのものは読むのだ。ま、要するに謎解きが好きなのである。
*2 いや、女性のファンが居ても全く問題ないですよ、もちろん。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-10-29 (月) 23:17:21 (4249d)