ヘリックスの孤児

著者
ダン・シモンズ
翻訳者
酒井昭伸・嶋田洋一
出版社
早川書房(ハヤカワ文庫)

ハイペリオン?〉シリーズの著者ダン・シモンズの中短編集。各作品に著者自身による前書き付き。

ケリー・ダールを探して

虐待を受けた子供が、この過酷な状況に陥っているのは自分ではない、と思うことによって別の人格を作り上げることがある。 解離性障害の一つ、多重人格である。

もしも、虐待を受けた子供が、この世界は本来自分のいるべき世界ではない、と思うことによって、別の世界を作り上げたとしたら……。 そして、その子を受け持った教師が、理解者としてその世界に招かれたら……。

もっとも、その世界は白亜紀やジュラ紀のような歴史以前の時代のようで、教師は教え子に命を狙われるのだが。 さらに皮肉なことに、その中年の教師は、人生に疲れて自殺しようとしていたところだった……。

ダン・シモンズは実際に小学校で教鞭をとっていた。 子供たちをキャンプ場に連れて行って野外生活と自然観察を行う「エコ・ウィーク」の経験があり、その「思い出」が本作品の下敷きになっているようだ。

〈ハイペリオン〉シリーズもそうだが、生態学的な世界観が描かれている。 人の少ない山のトレッキングが好きな人は楽しめるだろう。

教師になる訓練を受けたのは軍隊勤務を終えた直後で、なぜ自分が教師になりたいのか、よくわかっていなかった。背嚢を担いでベトナムを歩き回ることの対極にある職業を考えたというだけのことだ。教授陣は学生を引っ掛けようと、こんな質問を投げかけた。 「きみは教壇の賢者になりたいのかね、それとも同行する案内人になりたいのかね?」 ――つまり教師には二つの種類があるということだ。犖者瓩話亮韻任い辰僂い凌綺垢靴如∧發まわりながらその知識を、空っぽの容器である生徒たちにときどき注ぎ込む。牋篤眇有瓩論古娘身の好奇心と探究心を刺激することで、彼らを知識へと導いていく。この質問に対する正解は明らかで、もちろん未来の教師は狷厩圓垢覦篤眇有瓩砲覆蕕覆てはならない。自分の持っている知識を押しつけるのではなく、子供たち自身に知識を発見させるのだ。(p.50-51)

しかし、ケリー・ダールに異世界に連れて行かれたジェイクスは、自分が教壇の賢者にならないと授業を楽しめなかったと述懐する。 ワシもかつて教壇に立っているとき、案内人としては失格だったように思う。

だがそれを言うなら、案内人に徹している教師で、人気のある、良い教師がいるのかどうか。 あるいは、良き案内人たる教師は、はたしてどれくらいいるのだろうか。

ヘリックスの孤児

〈ハイペリオン〉シリーズ(というかシリーズ最終巻の『エンディミオンの覚醒?』)の後日談。 ハヤカワ文庫の『SFの殿堂―遥かなる地平―』にも収録されている。

〈ハイペリオン〉シリーズを読んでいないと、何の話がまったくわからないかも。 〈ハイペリオン〉シリーズを読んでいると、最後にシュライクが出てきてビックリしたりするのだが(『ハイペリオン』では悪鬼の如き殺戮者だったのに、今回は単なる転送装置と化している)。

ちなみに、『SFの殿堂―遥かなる地平―』には、ダン・シモンズ自身による〈ハイペリオン〉シリーズのあらすじが載っている。

本書のダン・シモンズの解説には、「ヘリックスの孤児」を書くに至った経緯が記されている。 もともとは〈ハイペリオン〉シリーズの後日譚を書くつもりはなく、〈スター・トレック ヴォイジャー〉シリーズのシナリオを書かないかと打診されて考えた筋書きだったのだそうだ。

結局、軌道森林リングで暮らす宇宙居住人類(宇宙バタフライ)をCGで制作するコストがかかりすぎるという理由でこの話は流れた。 〈スター・トレック〉シリーズに登場する異星人(エイリアン)は、あまりに異星生物的(エイリアン)では困るからだ。

ところで、軌道森林リングはダイソン(スフィア)の変形版である。 太陽の周りを球殻で覆ってすべての太陽エネルギーをあますことなく利用する構造物がダイソン球である。 軌道森林リングはダイソン球の一部をリングにしたもので、無機的・機械的な構造物ではなく、生きた植物で作られた巨大なリングである。

じつは、〈スター・トレック ヴォイジャー〉のエピソードの一つに、ダイソン球が出てきた。 吹き替えでは「ダイソンの天球」と言っていたので、シナリオを翻訳した人はSF読みではないのかなぁ、と思ったものだ。 画面上のダイソン球も、球殻の曲率からみるとどうも地球の月程度のサイズしかなく、迫力がなかった。 どうも、〈スター・トレック〉シリーズは「SF」としては弱いところがあるように思うのだ。

アヴの月、九日

イリアム〉シリーズの前日譚。 〈イリアム〉を読まないと、サッパリわからない。 じつは、『イリアム』(文庫本上下巻)を読んだだけではわからなくて、謎解きは『イリアム』の続編『オリュンポス』に持ち越される。

読んでいて非常に気になったのは、次の2点。

いまから1000年後、人類はポスト・ヒューマンへと進化し、古典的人類は保護された形でほそぼそと生きている。 その古典的人類はすべてユダヤ系なのだ。

ダン・シモンズは1000年後の世界を描くに当たって、1000年前に現代の文明を想像できたかどうか、と考えたのだそうだ。 そして、この1000年の間に変わらなかったものは何か、と考えたとき、「ユダヤ人迫害」に思い至った。 そして1000年後の世界でも、「イトゥバフ・アル・ヤフード! ユダヤ人を殺せ!」の叫びが聞こえるのである。

……三国同盟のころもそうだったらしいが、日本人には理解できないかもね。

2点目は、「ファックス」について。 作品中のファックスとは、テレポーテーション装置のことである。 他のSFでは、転移ボックスとかどこでもドアとか呼ばれている。

現代のファックス(FAX)は、画像をスキャンしてデータに変換し、遠隔地で白黒のドットに戻す。 オリジナルの紙の上の画像は手元に残る。

しかし、テレポーテーション装置では、オリジナルが残ると困る。 オリジナルは、いったいどうなってしまうのだろう?

スキャンされる過程で破壊される*1とか、死体が残るとか、オリジナルが残るのでだんだん同一人物が増えていく*2とか、そういうSFもあったなぁ。

本作品中では、オリジナルがどうなるか、ということも謎の一つとされていて、それは〈イリアム〉シリーズで明らかにされる*3

カナカレデスとK2に登る

原題は“On K2 with Kanakaredes”で、題名からだと何がなにやら……。

K2はもちろん、カラコルム第二峰のことである。 第二峰といっても測量の都合上の番号が2番目というだけで、実際はエベレストに次ぐ世界第二位の高峰である。 標高8,611m、エベレストよりも登頂が難しいとされる。

カナカレデスは、地球を訪れている異星人の名前である。 人間サイズだが見かけはカマキリのような昆虫型の異星人で、地球を訪れた目的や、科学技術レベルは謎に包まれている。

話としては、違法登山の罪を帳消しにし、火星の最高峰オリュンポス山に登る権利をも与えてくれる代償として異星人を連れてK2に登る羽目になった三人の地球人と、異星人カナカレデスが遭難するだけである。

厳しい登山の過程で、異星人が地球にやってきた目的や、カナカレデスの性格がだんだん判ってくる。 ちょっと変わった地球人程度だから、ひょっとすると欧米人から見た東洋人ってのは、こんなふうなのかな、と思って読んだ。

重力の終り

ロシアの宇宙開発秘話をアメリカ人の作家が取材する、というような話。 なんだかすごく寒々しいのである。 風景が。

結局のところ、人類は宇宙へと向かう病にかかっていること、そして宇宙へ行くのに宇宙船は不要なのかもしれない、ということだろうか。


*1 クリフォード・シマック『中継ステーション』
*2 ウィル・マッカーシイ『コラプシウム
*3 本/イリアム」にネタバレを書いた。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-06-30 (水) 23:38:23 (3339d)