プルートゥ―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より

著者
浦沢直樹・手塚治虫
出版社
小学館

第1巻

ノース2号のエピソードで泣いてしまった。 いやぁ、思い出しても泣けてくる。 ……というわけで、まだ『プルートゥ』第1巻を読んでいない人は以下の文章を読んではイケナイ。

マンガを雑誌で読むことはいろんな意味でコストパフォーマンスが悪いので、単行本になってから読むことにしている。 そこで、ビッグコミックオリジナルに連載が開始されたときから興味があったのだが、ずっと我慢していた。 手塚治虫の「地上最大のロボットの巻」が浦沢直樹の手によってどのようにリメイクされるのか、とても気になっていたのだが、なるほど、こうなるわけか。

そしてテーマはずばり「人間とロボットの境界線はどこか?」ということだろう。 外見ではロボットであることがわからないゲジヒトやブランド、それにアトム。 くり返される「識別装置」「識別システム」という言葉。 外見で区別できないとき、何を持って「人間である」「ロボットである」と断定するのか? また外見は「いかにもロボット」でも、人間的な感情をもつものは人間ではないのか?

このテーマは、「心にかけられたる者」(『究極のSF』創元SF文庫)において、「ロボット工学の三原則」の提唱者であるアシモフ(アジモフ)自身によって問われている。 まぁ、ロボットSFで扱われるテーマとしては普遍的と言えるかも知れない。 さらに、ロボットが(故人の)人間としての記憶や感情を持つことができたとしたら……というあたりが、キーになるのではあるまいか。*1

それはさておき、ノース2号が登場したとき、いかにもロボット的なヘルメット状の頭部の中で、なぜロボコップのように口だけが人間なのだろう(しかも、いつも固く結んでいるのだろう)と思った。 「ノース2号の巻(後編)」において、浦沢直樹がそのようにデザインした理由がわかるあたりで、泣けてくる。 大量破壊兵器として生まれたノース2号は、歌うことができるのだ。

『プルートゥ』に込められたメッセージは、子供のころ「地上最大のロボットの巻」を読んだ大人にこそ伝わるのではないかと思った。 ウチの子にも「地上最大のロボットの巻」→『プルートゥ』の順に読ませてみるが、わからないだろうなぁ。

初出:科学的逍遙日誌

第2巻

第1巻の最後にアトムが登場し、第2巻の最後にウランが登場。 単行本にしたときに巻末に「その後の話の展開を左右する重要なキャラクターが登場する」ようにしているのだろうか。

田鷲警部、中村課長、お茶の水博士も手塚治虫の雰囲気を残したまま、浦沢直樹のキャラクターになっていて、なんとなく嬉しい。 ヒゲオヤジ*2がまだ登場していないが、期待しても良いのだろうか?

さて、(「義のない戦争」ってあたりが)イラク戦争を髣髴とさせる中央アジア戦争。 その戦争で「活躍」したモンブランやブランド、ヘラクラスの怒りと悲しみも切ないねぇ。 心を持つ機械(ヒトもそうだよね)を戦わせてはいけないよね。

第3巻

プルートゥによる「高性能ロボット」の連続破壊事件が小休止状態となり、ゲジヒトをめぐって事態が動き始める。 ロボットが自分の記憶を確認するために、人間に尋ねるっていうのがちょっと笑えた。 人間の記憶って、本当にアテにならないからねぇ。

笑えたといえば、第2巻の犬型パトカーとか第3巻の猫型ロボット(ウランの言い訳)とかいった、チョロッと出てくるエピソード。 猫型ロボットは誰でも判るとして、犬型パトカーは白黒テレビでアトムのアニメを見ていた世代でないとピンとこないだろうなぁ。

そして、出たなKKK、じゃなくて「反ロボット連盟」。 手塚治虫の『鉄腕アトム』でも、ロボットに反感を持つ人間の秘密結社は、いろいろ出てきた。 ブラックルックス団とかデッドクロス団とか。 手塚治虫のなんだか滑稽な悪役達と違い、やっぱり浦和直樹が書く悪人達は、何とも生臭い感じだよねぇ。

巻末ではアブラー博士とプルートゥが登場し、いよいよアトムに危機が迫る。

第4巻

「大変なことになっちゃったよ」

と、ワシより先に読んだムスメが言った。

あー、本当に大変なことになってしまった。 うー、書きたいけど、……やっぱり、書かないでおこう。 ……でも、この先どうやって話を進めるのだろう。

冒頭、お茶の水博士は警官ロボットのユージローという名前で笑い、アイボ似の犬型ロボットに泣く。 ん、ちょっと待てよ。 ひょっとしてお茶の水博士って、ワシらの年代(つまり浦沢直樹と同世代)という設定か? そういえば、子供のころ、お茶の水博士になりたかった時期があった。 いや、ハゲのデブ(ごめんなさい)になりたかったわけではなく、何事にも情熱をそそぐ、探究心にあふれた科学者になりたかったのだ。

巻末で、ダークサイドの科学者、という感じで天馬博士が顔を見せる*3。 天馬博士はこの事件とどのようにかかわっているのか。 ……気になるねぇ。

第5巻

ヘラクレス、死す。

また、隠されていたゲジヒトの記憶の正体が明かされる。 そういうことだったのかぁ。 実際の記憶と捏造された記憶を、ロボットはどうやって区別するのだろうか。

再起動したログが残っていないのに、記憶が不連続になっているとか。 同時に記録しているタイムスタンプと、画像や音声が一致しないとか。

ヒトの場合、記憶とは「記録されたもの」ではなく、「つじつまが合うように再生するもの」だから*4、事実上「実際の記憶」なんてないかもねぇ。 毎日再起動しているし、タイムスタンプはいいかげんだし。

さて、ようやくヒゲオヤジが出てきたねぇ。 坂本金八が旧式のロボットとして(ちょいと)登場するとは思わなかった。 ここのところが、ちょっとした息抜きかなぁ。

第6巻

ついに、ゲジヒトも倒されてしまう。 プルートゥに対して放つ、「私の体はゼロニウムでできている。熱線や磁力線は役に立たない!!」という台詞は原作へのオマージュだね。 もっとも、「熱線」や「磁力線」なんて、もはや SF では使わないねぇ。

熱線とは、赤外線である。 赤外線を武器にしようと思ったら、方法は二通りある。 一つは、大量の赤外線を放出して、あたり一面焼き尽くすという方法で、すでに核兵器として実用化されている。 熱線だけでなく放射線や放射性物質を放出するため、悲惨な結果を生む非人道的な兵器である。 ロボット同士の戦いに用られては、ちょっと困る。 それに、核爆発に耐えられるようなロボットというのも、作るのは難しいだろう。

ということで、赤外線レーザーにするしかないだろうか。 しかし、レーザーは波長が短いほどエネルギー密度が小さくなるから、SF に登場するレーザーは、可視光線か紫外線、すごいものになるとX線レーザーである。 ところが、赤外線には大変な利点がある。 波長の短い光は大気中で散乱したり、気体分子に吸収されたり、気体分子の破壊にエネルギーを奪われたりするため、到達距離が短い。 それに対し、波長の長い光(赤っぽい光)は到達距離が長い*5。 そこで、大陸間弾道弾を地上から撃破するためのレーザー兵器として、赤外線レーザーが考えられているそうだ。

いっぽう、磁力線は等高線のようなものだから、武器にはできない。 N極からS極にむかう「流れ」のように描かれるが、「何か」が流れているわけではない。 実際、地球の南極付近から北極付近に向かう磁力線が、そこらじゅうを(ワシらの体を含めて)貫通しているわけだが、何も感じないよね?  等高線同様、仮想的な線なのだから、感じなくて当然だ。 磁力線は、銃から発射したり、アンテナから放出することはできないのである。

なお、ゲジヒトの死に様は原作と違う。 ゲジヒトは、プルートゥに倒されるのではないのだ。

第7巻

世界最高水準の7体のロボットのうちの最後の1体、エプシロンとプルートゥが闘う。 ようやくプルートゥがその姿を白日の下に曝す。 原作のイメージを残しつつも、異様なデザインでなんとなく不幸な感じだ。

「エプシロンが可哀想……」というのがムスメの感想である。 原作同様、子供を守るための「手」を残して、プルートゥとの闘いに破れる。

そして、アトムの覚醒。 ボラーとは何か?  プルートゥとウランはこの後どのようにかかわるのか?  トラキア合衆国の巨大人工知能、ルーズベルトの役割は?  アブラー博士はどのような「復讐」をしようとしているのか? 

……次の最終巻で、どのように結末をつけるのだろうか?

第8巻

『PLUTO』の最終巻。 原作の鉄腕アトム「地上最大のロボットの巻」を何十年も前に読んで結末を知っているのだが、やっぱりプルートゥは可哀想だよね。

個人的には、お茶の水博士やヒゲオヤジには謎解きとか冒険とかに、もっと活躍して欲しかった。 その分、天馬博士が原作でのお茶の水博士の役割をしていたかな。

それはさておき、この作品でも原作の鉄腕アトムでも、ロボットが地下に潜るシーンがよく出てくる。 まぁ現実には地下の岩盤を削って進むのはとんでもなく大変なことなのでマンガならではの表現なのだが、気になるのは「指」のことである。

軟らかい土なら人間の手でも穴を掘れるが、固い土を掘るには金属の指が必要だ。 まして岩盤となると、金属でもすぐに磨り減ってしまうだろう。 地下鉄トンネルなどを掘るシールドマシンのカッター部分には、ダイヤモンドが使われている。 汎用人型ロボットの指先にダイヤモンドの刃が付いていたのでは、日常生活はしにくいだろうねぇ。

それだけでなく、指には関節がある。 可動部のある細い部分は弱いので、ロボットにおいても指は「弱点」のはずだ。 岩盤を掘ることはおろか、転倒しただけで指が折れてしまうのではないか。

いやはや、考えて見ると、ロボットが殴りあうのもナンセンスだよね。 装甲に当たったら指が折れるに決まっているから、指を守るためのカバーが必要かなぁ。 指を引っ込める、という方法も考えられるが、可動部が余計増えるから、無用の故障の原因になるなぁ。 いっそ、殴り合い専用の腕(というかハンマー?)を追加したほうが良いかもしれない。

いや、やっぱり、殴りあいなんていう状況に陥らないように、運動エネルギー兵器(銃とか大砲とか)や電磁エネルギー兵器(レーザー砲とかマイクロ波ビームとか)で闘うほうがよいかもね。


*1 ここのところは、ちょっと違った。読み進めるとわかるが、改変された記憶、消去された記憶がキーになる。
*2 科学的逍遙日誌にも書いたが、ヒゲオヤジはああ見えても42歳である。ワシより若かったのだ!
*3 イメージ的には天馬博士と言うよりドクターキリコみたいだけどね
*4 なぜ人はエイリアンに誘拐されたと思うのか』参照。
*5 夕陽が赤いのはこのため。光の波長については、「スペクトル」を参照のこと。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-03-10 (火) 23:18:04 (3847d)