ブラックペアン1988

著者
海堂尊
出版社
講談社(講談社文庫)

宣伝文句は「医学ミステリー」だが、犯人も探偵も出てこない(『イノセント・ゲリラの祝祭』と同様である)。 )。 たしかに、表題の「ブラックペアン」とは何か、という謎解きはあるが、はたしてミステリなのか?

まぁ、面白いし読みやすいから良いけれど。

それにしてもまぁ、登場人物は癖のあるヤツばかりで、みな直球でモノを言うこと。 小説だからか、それとも人の命を預かる医者の世界ではそういうものなのか。

……いや、やはり「こんなふうにハッキリ言えたら気持ちいいだろうなぁ」という作者を始め医療関係者の願望も入っているのだろう。

チーム・バチスタの栄光』で描かれた東城大学病院の「バチスタ・スキャンダル」の20年前。 「桜宮サーガ」の伏線となるような人物やエピソードがいろいろあって、シリーズを読んでいるとあれこれ発見(というか楽屋落ち?)があって楽しい。

のちの高階病院長は帝華大学(←どう考えても東大)からやってきたばかりの新任講師だし、のちに吠えまくる黒崎教授は助教授だがやっぱり吠えまくってるし。

ベッドサイド・ラーニングに参加する大学4年生が、速水・島津・田口だし。 グッチーこと田口が「自分は外科には向かない」と確信する出来事が手術室で起こるし。

後に愚痴外来こと不定愁訴外来を切り回す藤原さんが婦長だし。 「眠り猫」は主任になったばかりだが、すでに鋭い勘で行動しているし。

国家試験に合格したばかりの1年生外科医の世良って、その後(ということは『ブラックペアン1988』以前の作品に)登場したっけ?  花房看護婦(当時)は、その後どういう役回りだったかなぁ。 ……もう一度『チーム・バチスタの栄光』から読み直せ、ということか。

ちなみに、ペアンは19世紀フランスの外科医で、外科の医者がペアンというと止血鉗子(かんし)を指すようだ。 東城大学総合外科学教室の佐伯教授だけが使う黒いペアンの謎とは……。 その謎が明かされるのは、もちろん最終章である。


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-03-28 (日) 21:56:56 (3368d)