パンドラ 1〜4

著者
谷 甲州
出版社
早川書房(ハヤカワ文庫JA)

異星の生態系による地球侵略

谷甲州のハードSF『パンドラ』は、異星パンドラの生命体が、地球環境を改変してのっとろうとするのを、人類が阻止しようとする物語である。

宇宙戦争』以来、SFの世界では地球は侵略し続けられている。 「侵略」というテーマは、ファースト・コンタクトSFの一つの分野だが、必然的に軍事色が強い。 何といっても食うか食われるか、生き残るのは我々か彼らか、というシチュエーションであるから。

しかしSFでは、軍人だけでなく科学者も活躍する。 何せ「敵」が人間ではないのだから、(軍人には)予想のつかない方法で攻撃してくるのだ*1

『パンドラ』で活躍するのは、なんと動物生態学者である。 ごく初期に動物たちの異常行動に気付き、フィールドワークに長けていることから軍事行動的な調査に同行し、最後には宇宙戦争にまで参加してしまう。

侵略の最初の兆しがサルの「知性化」だというのは、侵略テーマSFとしては新しい切り口だと思う。 惑星パンドラの生命体による生態系の改変を、テラフォーミング*2ならぬ「パンドラ・フォーミング」と名付けたところには、ニヤリとした。 宇宙ステーション内で生まれた高い知能を持つラットの名が「アルジャーノン」というところも、SF読みなら「来たな」と思うはずだ。

海洋生物の異変のくだりでは、何となくベンフォードの『星々の海をこえて』を思い出した。 『星々の海をこえて』では、地球の海に投入された異星生物が、じつは機械文明が生命同士を争わせようとしたものだったという二重のひねりが効いているが。

異質(エイリアン)なものよりも、同類が怖い

地球上の動物たちの異変は、彗星から降り注ぐ謎の物質によるものだ、ということで、その物質の母天体である彗星を破壊しなくてはならない。 そこで各国が協力して宇宙艦隊を建造することになるのだが、これがまた、政治的な理由でなかなかうまく行かないのだ。 結局は理不尽な「本国」の指示に対し、現場が苦労することになるのである。

現場を知らない人間たちの覇権争いによって、外宇宙からの侵略の前に人類は自滅、なんてシナリオも「現実に」有り得そうな展開である。

リアルさの代償

石原藤夫によれば、ハードSFの定義は次のようになる*3

理学的または工学的な方法が小説のプロットと表裏一体をなしていて、それを除くと小説の体をなさなくなるような種類のSF

ハードSF『パンドラ』の舞台は、ごく近未来の地球である。 そのテクノロジーは、現在よりも多少進んでいる程度……日本が有人の宇宙往還機を保持している、という段階である。

したがって、リアルに描かれた密林や惑星間空間での調査、索敵、戦闘の過程は、とても じれったい。 もちろん、それはリアルさの代償なのだ。 『パンドラ』がハードSFであるために、理学的・工学的な制約が生じるのだ。

太陽系内を航行する宇宙船の軌道の変更は容易ではない。 映画『スターウォーズ』のように、くるっと回って敵の後ろに着いて銃撃、なんてことはできないのだ。 数百分の1Gといったわずかな加速度で軌道を曲げ、敵の予想進路に爆雷をばらまく。 そして、何時間も待つ。 ……といった具合。

そうしたリアルな描写が続くことにより、全体にちょっと長い印象を受けた。 登場人物がみんな生真面目で、ほとんど冗談を言わないことも、長くてじれったい印象を補強しているかも知れない。 もちろん、地球人類の存亡が係っているのだから真面目に対処せざるを得ないのだろうが、息抜きさせてくれる人物が一人か二人いると、もう少し救われる気がする。

パンドラの意思

彗星(のように見える形で地球に接近してきた)パンドラは、異星の多様な生命体の集合体のようである。 酸素供給機能を持つ(したがって真空中でも活動可能な)茶褐色の物質、それをコントロールする核となる生命体、など。 核生命体は動物の前頭葉に取り付いて行動を支配することすらできる。

そして、パンドラは地球環境を改変し、自らに適した環境に変えようという意思を持つ。

さて、ここで気になるのは多様な生命体の集合体が「明確な意思」を持てるのだろうか、ということだ。 直感的には、「生態系が意思を持つ」ようなことは不可能のように思える。

だが待てよ、と考えてみた。 ワシらの身体だって、多種多様な細胞の集合体だ。 異種の生物が体内外に共生しているし。 その集合体が「意思」を持つことは、どうも確からしい(アナタ、意思を持って行動してますよね?)。 もちろん、どうして「人体」という細胞の集合体が「意思」を持つことができるのか、「自分」という意識の中心はどこなのか、というあたりは、まだ解明できていないようだけどね。

さて、では、異星の知性体と地球の知性体との間で、意思を伝え合うことは可能なのだろうか?  スペースオペラではもちろん平然と語り合ったりしているが、実際のところ可能なのかどうか、それはまだ、1種類の知性体しか知らない人類にはわからない*4

一つの肉体に閉じ込められた知性体ではなく、惑星規模の知性体となると、思考のプロセスがまるきり違っているため、意思疎通が極めて困難、ということはないだろうか*5

じつは同じく近未来の侵略/ファーストコンタクトSFである、野尻抱介の『太陽の簒奪者』にも、異星の集合意識と意思疎通ができない、というエピソードが描かれている。 あるきっかけで話ができるようになるのだが、そのきっかけとは、異星生物がネットワークから切り離されて、個体となったために思考速度が落ちたからだったりするのだ*6

「共生」は進化の必然か

結局、地球人 vs パンドラの戦いがどうなったのか、その結末には触れないでおこう。 しかし作中、一つの可能性として、地球とパンドラの生命体の共生の可能性について述べてあったことには触れておこう。

地球上においても、生物の進化の歴史の中では、異種の生命体が共生してきた。 共生関係が進んで、新たな一つの生物となったものも多い。

……というか、核を持つ生物、ミトコンドリアを持つ生物、葉緑体を持つ生物は、みんな共生の結果生じたのだ。 だから、まわりを見渡して目に入る生物は皆、共生体である。

地球の生命がどうやって発生したのかは、まだ謎であるが*7、他の惑星や彗星の上でも容易に発生しうるらしい。 そうすると、地球が彗星の尾の中を通過するとき、異種の生命体が地球に降ってくる、なんてことが過去に何度となく起こっていただろう。 ワシらは、すでに宇宙生物との共生体なのかも知れないのだ。


*1 映画『宇宙戦争』参照。
*2 他の惑星の環境を地球化すること。火星の地下の水を大気中に放出して温暖化を促し、気温と気圧を上げて地球の動植物が生活できるような環境にする、金星の大気中に藻類をばらまいて成分を変えさせ、温室効果を抑制して気温を下げる、など。
*3 ハヤカワ文庫SF『新・SFハンドブック』201ページ
*4 地球上に何種類の知性体がいるのかすら、わからないもんね。
*5 レムの『ソラリスの陽のもとに』のように。
*6 厳密には、ちょっとニュアンスが違うのだが、その辺は作品を読んでみてください。
*7 本/日経サイエンス/2007年09月号の「生命の起源 RNAワールド以前の世界参照。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-12-14 (金) 22:20:43 (4300d)