パンダの親指―進化論再考―

著者
スティーヴン・ジェイ・グールド
翻訳者
櫻町翠軒
出版社
早川書房(ハヤカワ文庫)

グールドは、区切り平衡説(断続平衡説)という進化理論を提唱した古生物学者で、バージェス頁岩(けつがん)とカンブリア期の多様で魅力的な生物の物語『ワンダフル・ライフ』の著者として知られている。 いや、「知られていた」だ。2002年に中皮腫で死去した。享年60歳。 もうグールドの新しい著作は読めないんだなぁ、と思って、文庫本になった『パンダの親指』を買ったのだ。

もちろん、上下巻合わせて500ページを超える本書を通じて、ずっとパンダの親指(6本目の指に見えるが、実際には手首の骨)について述べているのではない。 本書で述べられているのは、さまざまな生物の進化、科学と文化の悩ましい関係、そして事実を見抜く目を曇らせる偏見について……。

本書のほかの章でも繰り返し述べていることだが、私は、科学とは真理に導かれる客観的な機械なのではなく、熱意や願望や、文化に縛られた偏見などに影響される、人間的活動の典型なのだという見かたを主張している。文化に縛られた思考上の伝統は、科学の理論にも濃厚に影をおとすもので、とりわけ(いま問題にしている場合[引用者注:生物の進化はゆっくりと着実に起こるのか、急激に飛躍的に起こるのか]のように)想像や先入見を制約するようなデータがほとんど存在しないときに、憶測の方向を決定することがしばしばある。(下巻78ページ)

科学者や科学者の提唱する理論が科学的とは限らない、いや、科学的でないことのほうが多い、ということである。 もちろん、科学がきちんと機能し、文化的生活の基盤となっているのは、強力な誤り訂正機構を持っていることによる。 どんなに突飛な(突飛に見える)仮説であっても、事実と照らし合わせて齟齬がなければ「真実なのかも知れない」。 逆に、どんなに支持され権威ある学説であっても、所詮は仮説なのであって、事実をきちんと説明できなければ破棄されるべきなのだ。

グールドは、文化に縛られた科学者たちの奇妙な仮説をいくつも紹介している。 いやはや、18世紀から20世紀にかけての西欧の科学者たちの偏見には(21世紀の日本のアマチュアとしては)呆れるばかりだ。 常に、「由緒ある家系の白人(北アメリカならWASPの)男性が最も優れていて、庶民や女性や有色人種や異教徒は、それより下」であってほしいという願望に基づいている。 だから白人男性の偉人の脳は大きくて知性に優れているのだし(だから帽子もでかかった)、遺伝的障害を持つ白人の子供の容貌は東洋人に似るのだ。そして人間は下等生物から神へと至る階級の「ほぼ」頂点に位置するのだ。 ……なんて考えに囚われているから、ピルトダウン人のようなまがい物に騙されるのである。

もちろん、前々世紀の白人はなんて馬鹿なんだ、なんてことは言えない。 ワシらもみんな、自分たちの文化に基づく偏見に囚われているのだ。 ワシの父親の世代は「日本は神国である」という「愛国心教育」によって、自分たちが最も優れた民族だと思っていた。 つい数年前に「日本は神の国」と発言して顰蹙を買った元首相もいたし(どこの国だってその民族の神とか仏とかの「国」に決まってるじゃん)。

やっぱりすべてに疑問をもち、「恐竜は愚鈍な動物だから滅んだ」というのは本当か、とか、「有袋類は有胎盤類より劣っているがオーストラリアで生き残れたのは隔離されていたからだ」というのは本当か、とか考えてみるべきなのだろう。 地球上にヒトが登場してからの期間は恐竜が生活した長い時間(1億年)には遠く及ばないし、進化の止まった(自然淘汰が働かなくなった)ヒトは、オーストラリアの有袋類と同じ境遇にある。 こうあって欲しい、という願望と、事実を混同してはいけないのだ。

初出:科学的逍遙日誌


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-12-23 (土) 11:48:01 (4622d)