バビロニア・ウェーブ

著者
堀晃
出版社
東京創元社(創元SF文庫)

バビロニア・ウェーブとは

太陽から3光日の距離で太陽系平面をほぼ垂直に貫くレーザー光束。 その断面は直径1200kmの円形で、全長はなんと5380光年。 しかも双方向の定在波(定常波)である。

光が片道進むだけでも、古代バビロニア以前から出発している。

……というわけで、「バビロニア・ウェーブ」と名付けられた、この光束。 いつから存在するのか、なぜ存在するのかは不明。 だが、その光束の中に45度の角度で反射鏡を差し入れれば、地球近傍へと膨大なエネルギーを届けることができる。 地球人類は無尽蔵のエネルギーを手に入れ、エネルギー危機は回避されたが、その一方、人類は恒星間宇宙に進出することなく、太陽系内に縮こまったままとなった……。

これは「ハードSF」である。

この小説の時代設定は明らかにされていないが、おそらくは21世紀〜22世紀の近未来。 バビロニア・ウェーブの発見に伴い、太陽系の惑星間空間の移動手段は核融合推進から、光帆(ライトセール)に取って代わっている。

太陽光発電の基地となるはずだったL5のスペースコロニーも放棄されて無重力工場に改装されるなど、太陽系の社会も変化しつつある。 主人公は、そのスペースコロニーで育った「非地球人」である。

登場人物は6人、いや初めから死んでいる研究者を含めると7人か。 バビロニア・ウェーブ近傍の送電基地が舞台となるのだが、人間的な軋轢とか感情のぶつけ合いとかは、描かれない。 紅一点の女性研究者をめぐる色恋沙汰もない。

これは「ハードSF」なのである。

ドロドロした人間関係や、陰謀、野望の成就(または挫折)を期待してはいけない。 ただし、どんどん人が死ぬ。 生き残るのは主人公一人である。 いや、もう一人生き残る……と言ってよいのかどうか。

バビロニア・ウェーブをめぐる実験で研究者が次々と死ぬのは、なぜか?  ……その謎解きは、最終章で「仮説」として提示される。

センス・オブ・ワンダー

SFにおいて一番重要なのは、センス・オブ・ワンダーだと思う。 読み進めるうち、「あっ! そうか!」あるいは「うぁ! なんだこりゃ(すげぇ)」と叫んでしまうようなビジョンが示されることが快感なのである。

バビロニア・ウェーブでは、最終章に提示されるビジョンにセンス・オブ・ワンダーを感じた。 バビロニア・ウェーブのネットワークを介して、銀河系がひとつの生命体のようにも思えてくるのだ。 ……これ以上書くとネタバレになるので、やめておこう。

「ハードSFは映画にしにくい」という法則

バビロニア・ウェーブを読んでいて、つくづく、「映画にはできないだろうなぁ」と思った。

まず、主役というかその存在抜きに物語が存在しないバビロニア・ウェーブを「描くことは不可能」なのだ。 銀河系の空間を貫く光の柱、といっても、光を散乱させる分子などが(ほとんど)ないので「見えない」のである。 「見えない」のでは、映画にできないよなぁ。

スター・ウォーズのレーザーの乱射は見た目は美しいが、科学的には間違っているのだ*1

……ということを考えていて、科学的なアイデアを重視し、(ある程度の)正確性が要求される「ハードSF」は映画にしにくいかもなぁ、と思った。 『2010年?』や『アビス?』など、「ハードSF映画」と呼んで差し支えなさそうな作品は、大ヒット作とならない。 好きなんだけどなぁ。 設定がSF的、あるいは絵柄がSF的なんだけど、「ハードでない」映画はたくさんあるけどね。


*1 ま、その他、スター・ウォーズがサイエンス・フィクションではないという理由はいろいろある。このサイトや科学的逍遙日誌のアチコチに書き散らしてある。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-03-02 (金) 21:45:21 (4497d)