『ハリー・ポッターと死の秘宝』(上・下)

著者
J.K.ローリング
翻訳者
松岡祐子
出版社
静山社

「ハリー・ポッター」シリーズ完結編

「ハリー・ポッター」シリーズ第7巻『ハリー・ポッターと死の秘宝』を読んだ。 完結編である。

「悪」との激しい戦いは終章で終結するが、その終章からエピローグまでの19年間にどんなことがあったのか、生き残った人たちはどうやって暮らしているのか気になるところではある。 まぁとにかく、これで物語は結末を迎えたことになる。

『Harry Potter and the Deathly Hallows』

じつは日本語版の発売の1ヶ月前から、原書が居間のテーブルの上に置かれていたので、読み始めていた。 カミさんが「日本語訳が出る前に結末を知りたい!」ということで(かなり前に)買ったものである。 すると、何となく読めるのである。 そりゃまぁ、イギリスの小学生も読める本だからね。

……ということで読み始めたら、判らない単語がたくさん出てきた。 そのたびに電子辞書を引くので、読み進むスピードは遅い。 目標は1日1章であるが、残業の日は帰ってくると目がショボショボなので辛い。

しかしまぁ、なんで小学生でも読めるはずの本なのに、こんなに辞書を引かにゃぁならんのだ、と考えて、気付いたことがいくつかある。

中・高・大と英語を勉強してきても、出会う単語の数はたかが知れている。 大学のときは生物学のテクニカル・タームに苦しみ、ここ十年ほどはIT関係のテクニカル・タームに苦しんだ。 それでも、英語圏の人たちが日常使う単語には、出会っていなかったりするのだ。 肩をすくめる、ぶつぶつ言う、射すくめる、目をそらすなどの生活上の動作に関する単語、判りますか?

また、中・高で習う英語は、じつは英語ではなくて「米語」である。 インターネット上の英語も、大部分は米語である。 だから、marquee という単語を見たら、劇場のひさしに掲げられた映画のタイトルが目に浮かぶ。 ついでに、Internet Explorer 独自の HTML タグである MARQUEE 要素も浮かんだりする(文字が横スクロールするヤツだね)。 ところが、ウィーズリー家の庭に marquee があって、中に人がいっぱい入る、という描写があって、ワケが判らなくなった。 辞書を引くと、サーカスで使うような大きな天幕だそうだ。

こういうところで躓くから、なかなか先へ進めない。

結局、半ばまで読んだところで日本語版が発売されてしまったので、日本語版を読んだ。 ……ということで、英語で読んだところを日本語で読み直すと、物語の流れは「だいたい」つかめていたが、細かいニュアンスや複雑な説明が把握できていないところも多かった。

さて、以下ネタバレにあたる部分もあるので、まだ読んでいなくて楽しみにしている人は、ほかののページを読んでね。

スネイプの物語

第7巻では、第1巻〜第6巻までの間に残された「謎」が解明されたり、張り巡らされていた伏線が収束したりする。 そこで、「あれ? この話ってどの巻で語れていたっけ?」と記憶を辿ることも度々なので、もう一度最初から読み直す必要があるかもしれない。 ウチのカミさんは、全巻読み直して第7巻発売に備えるという用意周到ぶりだった。

中でも気になっていたのは、スネイプの立場と行動の理由だ。 スネイプは結局ヴォルデモートの手下だったのか、ダンブルドアのダブルスパイだったのか、という点についてはここには書かないが、第7巻ではスネイプの過去について1章を割いて語られている(第33章)。 ここのところは「この本は本当に子供向けか?」と思う部分だ。 いやぁ、泣けますぜ。

闘う若者たち

第5巻の『不死鳥の騎士団』のあたりから、ハリー以外の子供たちが、殺人者集団相手に闘う。 まぁ、そのあたりがこの物語においては魔法以上に「あり得ない」ハナシだと思うのだが、第7巻では学校挙げての全面戦争である。 あえて言えば、そういう設定が「子供向け」かも知れない。 子供たちが、自分たちも大人と互角に闘えるかも、という幻想を描くところが。

いや、現実に少年兵や少年ゲリラが存在するのだから、この現実というやつがじつはファンタジーなのではないか、と思えてしまう。 戦争が終わっても人々を傷つけ続ける地雷とかクラスター爆弾とか、宇宙兵器とか、使い道のない戦車とか、人間魚雷*1とか、まったく戦争ってやつはファンタジーだぜ。科学じゃねぇ。

それはさておき、成年に達した(といっても17歳の)ハリー、ロン、ハーマイオニーの三人組は困難な旅を続ける。

そして第1巻ではドジで魔法もろくに使えなかったネビル・ロングボトムが目ざましい成長を見せる。 ハリーとロン、ハーマイオニーが不在のホグワーツでゲリラ戦を展開するところなど、『20世紀少年』でケンジやオッチョが不在の間、秘密基地を守る(レジスタンスを組織する)ヨシツネのようである。

魔法の起源

ファンタジーは SF ではないので、あれこれ科学的なツッコミを入れるとキリがない。 しかし、第7巻では魔法についての科学的……のような記述が見られる。

例えば、魔法によって水や火を出すことはできるが、食べ物を出すことはできない。 これについて、ロンはこう言っている(第29章、下巻283ページ)。

「うん、まぁ、食料は『ガンプの元素変容の法則』の五つの例外の一つだからな」

もちろん、これはハーマイオニーの知識*2の受け売りなのだが。 ちなみに、あと四つの例外について知りたいところであるが、どこにも書かれていない。

さて、「魔法の杖」についてもいろいろと難しい理屈があるようだ。 そのあたりを読んでいて気付いたのは、杖が魔法使いの能力を増幅するなど、より強力な魔法を使えるようにしていることだ。 そして、杖の素材には霊験がありそうな木とか、不死鳥の羽根とかの魔法生物の一部が使われている。 ひょっとすると、もともと魔法使い(ヒト)の持っている能力は大したものではなく、魔法生物の持っている能力を借りているだけなのではないか?*3

そう思ったのは、屋敷しもべ妖精が杖などの道具なしにテレポートできたり、ゴブリンが錆びない(刃こぼれもしない)剣を鍛造したりできるということだ。 それなのに、魔法使い(ヒト)は、屋敷しもべ妖精やゴブリンを差別している。

このあたりは、自らを「万物の霊長」と呼ぶヒト、他の人種や民族を低く見る先進国の人たちを暗に揶揄しているようにも思えた。 民族といえば、ヴォルデモートの支配下に置かれた魔法省がマグルの分離・弾圧に乗り出すあたりは、ナチス・ドイツによるユダヤ人弾圧が思い起こされる*4

杖といえば、前々から思っていたのだが、wand をどうして「杖」と訳しているのだろう?  映画を観るとわかるとおり、magic wand は「杖」というより「指揮棒」である。

もっとも、映画『ロード・オブ・ザ・リング』でガンダルフやサルマンが振るうのは、「指揮棒」ではなく「杖」である。 修験者の持つ「錫杖(しゃくじょう)」みたいなもんだろうか。

まぁ、長いひげを生やした魔法使いなら、杖を突いて歩いていても違和感がないが、若者が杖を突いていると絵にならないからね。


*1 出口のない海』を参照のこと。
*2 上巻でハーマイオニーが腹ペコのロンに説明している。どこのページかは探してね。
*3 マグル(非魔法族)と魔法使いの能力差が「大したものではない」と考えると、マグル生まれの魔法使いがいたり、先祖代々魔法使いの家系なのに魔法が使えない人がいたり、という状況も理解しやすい。芸術的なセンスとかスポーツの能力とか暗記力とかと似たようなものだからね。
*4 ヒトラーと違い、ヴォルデモートは表舞台には立たないが。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-07-28 (月) 23:29:25 (3983d)