ナンバ走り 古武術の動きを実践する

著者
矢野龍彦・金田伸夫・織田淳太郎
出版社
光文社(光文社新書)

進学校・桐朋高校のバスケットボール部は、2000年にインターハイと全国選抜大会へのダブル出場を果たした。 それは、古武術を取り入れたトレーニングやプレーによって可能になったという。 だが、古武術の技法は必ずしもバスケットボールに有効なわけではなかったようだ。

本書はこのような試行錯誤の時期を経て、桐朋バスケットボール部が編み出した古武術的身体技法の数々を紹介したものであり、仮説としての各スポーツパフォーマンスへの応用集でもある。ほとんどが甲野氏からのヒントを母体としている。

「仮説」という表現をあえて使うのは、本書で紹介する技法が唯一絶対的なものではないという意味に他ならない。あくまでも、一つの可能性の提示である。(8〜9ページ)

「仮説であり絶対的なものではない」という宣言は科学的でよいが、本書内の説明においては、必ずしも自然科学的に解りやすいとは言えない表現も多い。

例えば「エネルギー」という言葉の使い方だ。

球技には「とる」動作がつきものである。

(中略)

この「とる」という行為においては、「運動エネルギーの吸収」が不可欠である。「吸収させる」ことを怠った場合、肉体がエネルギーの反発を受けるからである。(152ページ)

「運動エネルギー」は、中学・高校の理科で習う「運動エネルギー」のことと考えて良いだろう。 だが、「エネルギーの反発」がわからない。

人が運動している物体(ボールなど)を止めれば、その物体の持っていた運動エネルギーが人に移る(エネルギーは保存されるので)。 あくまでも、「反発」ではなく他の物体のエネルギーに「変化」するのである。

その結果、物体の持っていた運動エネルギーは人を「動かす」という「仕事」をすることになる。 つまり人の体が移動することによって物体が停止するわけだが、物体を停止させる(つまり、ボールをとる)ときに、体の移動を極力少なくさせるために、古武術の技法を使おうということになる。

ここでは、「膝抜き」という方法で、ボールをとる瞬間に衝撃を吸収するとともに次の動作に移りやすいことが示されている。 この「膝抜き」はわかりやすい。 「膝カックン」されたような状態にして、床にかかる体重を小さくするのだ。

スキーのターンの際に行う「沈み込み抜重」と同じだろう。 考えてみると、ストックワークは「ナンバ」である。 右足に重心を乗せるタイミングをつかむために(つまり右足より前に)右手でストックを衝く。

同様に、足を踏ん張って立つよりも、マンガや映画の剣豪のように「ゆらり」と立っているほうが、タックルされたときに衝撃を受け流すことができ、次の動作への移りやすい。

このように、古武術の動作は、理にかなったものが多い。 競技者の故障を防ぐためにも、従来のトレーニング法から転換したほうが良いことも多いだろう。

じつはワシは得点を競う競技とは無縁なので、古武術を応用して鍛えようとか、そういったことは考えていない。 本書を読んだのは、立つ、座るなどの日常の動作にも応用できるからだ。 「ヨイショ」と言わずに立てる方法など、腰を痛めているワシにとっては大いに助かる。

それだけに、スポーツジャーナリズム的な(感覚的な?)表現ではなく、もっと物理学的・生理学的・心理学的に解りやすい表現で、技法を紹介してくれたほうが良いのに、と思った。

何しろ「エネルギー」だけをとってみても、「エネルギーをバットに乗せる(102ページ)」とか、「ブレーキエネルギー(115ページ)」とか、「落下エネルギー(148ページ)」とか、自然科学的には理解に苦しむ表現がいっぱい出てくるのだ。 これだけは何とかして欲しかった。


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-07-28 (土) 20:40:59 (4349d)