ナチュン

著者
都留泰作
出版社
講談社

人工知能SF……なのかな?

大学生(院生?)の石田光成は、デュラム教授の「数学論文」ヴィデオを見て、人工知能のアイデアを思いつく。 フィールズ賞受賞者デュラム教授は2035年に自動車事故により前頭葉の一部と大脳左半球の大部分を失ったのだが、イルカの生態研究に転進、観察映像をまとめて「数学論文」として発表したのだった。

海洋SF……なのかな?

石田光成はイルカの群れを求めて沖縄へ渡る。 そこで漁師に船に乗せてもらうことにするのだが、まぁ、このあたりの描写が何というか沖縄的なペースである。 いや、ワシは沖縄に行ったことはないのだが、北海道で同様にその土地の人たちのペースに巻き込まれてしまうという経験がある。 「内地」「本土」で生まれ育った者にとってはカルチャーショックである。

それはともかく、主人公が何とも情けなく振り回されっぱなしである。 漁師のゲンさんにはこき使われるわ、口のきけない謎の女性(少女、ではないよねぇ)にはイルカをめぐって拒絶されるわ……。 確かにイルカの行動を調べようとはするのだが、彼の周りでは、さまざまな思惑を持った人たちが動き出しているようだ。

……ということで沖縄の海が舞台となり、人工鰓肺や深海用耐圧スーツなどといったSF的なガジェットも登場するが、あんまり近未来という感じではない。 まぁ、そのへんは『プラネテス』などと似ているかもね。

第1巻を読んだところで……

朝日新聞の書評で、星野之宣幸村誠が好きならはまるはず、とあったので読んでみた。 絵柄は結構粗いというか、細かく描き込まれている割に雑な感じもする。 そう言えば、初期の星野之宣もけっこう粗い絵を描いていたなぁ。

第1巻では謎が散りばめられているだけで、今後の展開がわからない。 人工知能開発の糸口はつかめるのか、謎の女性がどう係わってくるのか、違法な漁をしているらしい深海ダイバーの目的は?

……ということで、第1巻を読んだ時点では、評価は保留しておこう。

……筋とは無関係に、ぽそっ、ぽそっと入るジョークは結構面白い。 ダイバーとサーファーと漁師は裸でも日焼けの仕方で区別できるとか。 菓子箱に金を入れて島の大物……じゃない、自治会長に進呈しようとするとか。 しかもその菓子箱がなぜか「ちんすこう」だったりするのだ。


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-03-27 (火) 22:21:45 (4530d)