ナイチンゲールの沈黙

著者
海堂尊(かいどう たける)
出版社
宝島社

第4回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞した、『チーム・バチスタの栄光』の続編*1。 前作と同じ病院が舞台だが、前作の主人公・探偵役だった「愚痴外来」*2の田口講師は脇へ回った感じで、小児病棟の「歌姫」看護婦が主人公というかヒロインとして重要な役を演じる。

……と言っても、殺人事件が起こり、前作同様に厚生労働省の変人役人、白鳥調査官*3が登場すると、物語はいきなり妙なダンスを始める。 本作では、白鳥調査官のほかにもう一人の霞ヶ関官僚、警察庁の加納警視正が登場する*4。 白鳥調査官の助手として面倒に巻き込まれるのが田口講師なら、加納警視正の強引な捜査に巻き込まれるのが現場の警察の玉村警部補で、見事に笑いを誘うツーペアとなっている。

笑いといえば、子供達に人気のハイパーマン・バッカスという特撮ヒーローものの話。 今回、小児愚痴外来(入院している子供たちが相手だから外来じゃないだろ、というツッコミはアリ?)まで担当させられた田口講師が解説本を買って勉強していた。 バッカスは酔っ払わなければ変身できないという、とんでもないヒーローである。 酔っ払ってゲロ吐いたりするもんだから、地球に侵略してきた異星人、シトロン星人に説教されたりするのである。 でもって、介抱しているシトロン星人を倒してしまったりするのだ。 よくまぁ、こういう設定の劇中劇、というかお話の中のお話を考えるなぁ。 『のだめカンタービレ』の中の「プリリンごろ太」みたいだねぇ。

いやホント、凄惨な事件のはずなのに、笑ってしまってよいのだろうか?

かといって、本書はユーモア小説ではない。 網膜芽腫(レティノ)で眼球を摘出しなければならない子供たちや、白血病で死を目前に控えた高校生も登場する。 子供が過酷な状況に置かれるのはかなわないなぁ。 まったく、この世には神も仏もないよなぁ、と思う。 だから、人は神仏をアテにせず、良かれと思うことに懸命に取り組むしかないのだ。

また、本作のミステリとしての出来はどうだろう?  犯人は事件が起こるとすぐに見当がついてしまうし、アリバイ崩しも簡単だ。

ミステリというより、むしろSFに近いのではないか?  とも思った。 なにしろ、謎解きというか犯人の告白というか、それが思いもよらぬ方法で語られるのだ*5

う〜ん、生物学的にあり得るのかなぁ(ネタバレになるので、ハッキリ書けない)。 なんでこの歌(曲)を聞くと泣けてくるのだろう、などと思うことはしばしばあるけどねぇ。 まぁ、クラークの法則を適用すれば、あり得ないことではないかもね。

ところで、加納警視正の開発したDMA(デジタル・ムービー・アナリシス)。 犯罪の現場の画像をデジタル処理して、それを仮想空間に投影し、犯行の様子などを再構築してしまう、という技術である。 これをノートPCでやってしまっているが、スペック的にちょっと難しいのではないか。 いやまぁ、できなくはないだろうが、処理時間がものすごく長くなったりしないかなぁ。

仕事で結構な件数のデータ変換などを行うとき、PCでの処理待ちの間に本を読んだりすることもあるので、小説や映画であっという間に処理が完了するのを見ると、ちょいと首を傾げてしまうのだ。 ……あ、もちろん、仕事中に読む本は小説ではないよ。 技術書とか技術雑誌だからね。

2006年11月4日読了(借り物)

2008年9月文庫を購入、読了


*1 同時期に同じ病院で起こった事件が『ジェネラル・ルージュの凱旋』に描かれている
*2 正式な名称は「不定愁訴外来」。田口講師は神経内科の医師である。
*3 どちらかというと田口講師はワトソン役で、ホームズ役を務めるのが厚生労働省大臣官房室秘書課付技官の白鳥圭輔である。映画化するなら、八嶋智人が演ずると似合ってるかも。……と思ったのだが、阿部寛が演じるそうだ。田口講師は性別も変わって、竹内結子になっている。
*4 加納警視正を演じたらよさそうな俳優は……なぜかトミー・リー・ジョーンズがアタマに浮かんだ。黒ずくめの服装、ということで、MIBのイメージがあるからかなぁ。背中に子供たちが書いた「シトロン星人」という紙を付けていたりするしなぁ。日本人が演じるなら、やっぱり八嶋智人演じる白鳥調査官にぶつけて、柳葉敏郎だろうか。
*5 「共感覚」が関係する。あまり参考にならないが、ワシの共感覚体験を「閃輝暗点」に書いた。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-09-19 (金) 00:12:05 (3924d)