デセプション・ポイント

著者
ダン・ブラウン
翻訳者
越前敏弥
出版社
角川書店(角川文庫)

またまた、誰が黒幕か?

ダ・ヴィンチ・コード?』、『天使と悪魔』のダン・ブラウンのミステリ小説。 最初はSFミステリかなぁと思っていたら、どうもポリティカル・アクションのようだし。

いやもう、何を書いてもネタバレになりそうだなぁ。 なんといっても黒幕が上巻に登場するあの××(自粛)。

全体の9割まで物語が進行した部分で陰謀の黒幕の正体が判るという構成や、最後のピンチをどう切り抜けるんだろうとハラハラした挙句のハッピーエンドなどは『天使と悪魔』と似たつくりだ。 まぁ、それだけ安心して読めると言えるが。

科学的にはどうかね?

軍やNASAが極秘裏に「すごい技術」、例えばセンチメートル・ロボットや高効率のロケットエンジンを開発している、というのはどうだろうねぇ。 まぁ、ワシのような一般人には知りえないことだが、あまりありそうもない気がする。

もっとも、極秘開発の航空機をUFOというか「空飛ぶ円盤」と誤認されたほうが都合が良い、というのは説得力がある。 政府機関がせっせと怪しげな秘密基地を作ったり、宇宙人を捕まえたという噂をリークしている、というほうが、本当に宇宙人を捕まえて隠している、という話より、もっともらしい。

もっともらしいと言えば、作中で「思考節約の原理」とか「いくつかの仮説があるとき、最もシンプルなものを選べ」というのは、オッカムの剃刀の原理だね*1

もちろん、結構科学解説的な部分もあって、北極の棚氷や海底地形、隕石の見分け方などは「へー、そうかね。後でウラを取ってみよう」と思ったものだ。*2 深海の節足動物については、実際にすごいやつがいるのだ。 巨大なダンゴムシ*3みたいなやつが(下の「参考」を参照のこと)。

結局、フィクションを面白くするには、ノンフィクションの部分がしっかり書けていないと駄目なのじゃないか、と思う。 ワシが純文学を面白くないと思ってしまうのは、ノンフィクションの部分が詰まらない、あるいはウソっぽいからかもねぇ。

国家とは何か?

セックス・スキャンダルとかプライバシーを無視した偵察行為とか、いやはや、彼の国も「美しい国」とは言いがたいよねぇ。 いや、フィクションとしてではなく、実際にセックス・スキャンダルとか盗聴とか裏金とか、イヤな話があるじゃない。

それはともかく、フィクションとはいえ軍の特殊部隊が自国民を殺したりって、なんだかイヤだねぇ。 何の罪もない市民を、国家の為だといって殺すのって、そういう国家ってなんだいいったい。

いやこれもフィクションではなく、実際に半世紀とちょっと前に「わが国」でもやってたことだからねぇ。 「天下国家」を語るやつに騙されないように、殺されないようにしなくっちゃね。

参考


*1 ちなみに、ウンベルト・エーコの『薔薇の名前』の主人公、バスカヴィルのウィリアムは、オッカムのウィリアムがモデルだそうだ。バスカヴィルは『名探偵ホームズ』から取っているので、ホームズも混ざっているらしいが。
*2 なかなか本業が忙しくて、調べていられないのだが。
*3 作中では「ワラジムシ」と言っている。ダンゴムシとワラジムシの違いを調べるのは簡単だ。つついてみて、丸まればダンゴムシ、丸まらなければワラジムシである、

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-01-14 (日) 18:40:29 (4602d)