デスノート(DEATH NOTE)

著者
大場つぐみ、小畑健
出版社
集英社

死神のノート

名前を書かれると死んでしまう、死神のノート?  そのノートを使って犯罪者を裁き、新世界の神になろうとする高校生?  謎の処刑人「キラ」を追う謎の探偵「エル」?

妙な設定のマンガだなぁ、と思って読んでみたら、面白かった。

ちなみに、ワシの好きなキャラクターは、死神リューク、探偵の助手のワタリと、三枚目を演じてしまうが至極真面目な刑事の皆さんである。

妙な名前ばっかり

名前を書かれると死んでしまうという設定と関係あるのか、変な名前の登場人物が多い。 主人公の夜神月(やがみらいと)のように突飛なものから、普通はそうは読むまい、というものまで。

「火口」なんて、普通「ひぐち」とは読まないよねぇ。 「かこう」か「ほくち」だよねぇ。

ちなみに、横文字の名前も微妙に妙な感じである。 FBI の捜査員の名前の一覧が出てきたとき、ものすごく違和感があったのは、名前そのものよりもその書き方だった。 普通、「名=姓」のようには書かない。 「名 姓」のように書くか、あるいは正式文書*1なら「姓, 名」のはずだ。

死神の生態学

ファンタジーは、生態学と相性が悪い*2ファンタジーの世界の住人である死神がどのように生きているのかを考えると、疑問がいろいろ湧いてくる。

神になろうとした人間

夜神月は「犯罪のない新世界の神」になろうとし、殺人者であることがバレないよう、そして障害となるエルを排除しようと、いろいろと策を練る。 よくもまぁ、そんなに先を見越して仕込みをしておくなぁ、と感心した。

そこで思いついちゃったのが、キリスト教原理主義者の主張する地球の年齢*3のことだ。 聖書の記述をもとに計算すると、地球は誕生してから6000年しか経っていないのだそうだ。 しかし、わずか6000年では、生物は進化できないし、地層は何百メートルも堆積できないし、放射性元素もこんなに減らない。

これに対するキリスト教原理主義者の皆さんの説明はこうだ。 生物の進化というのは唯物論者の妄想なので、論外。 地層はあらかじめ何万年、何億年分か堆積したと見えるように、6000年前に神が創ったのだ。 放射性元素も、あらかじめ何億年も経ったと見えるように、神が6000年前にセットしたのだ。

……なんでそんな小細工みたいなことを、神がするのだろう? キリスト教原理主義者の皆さんの信じる神というのは、夜神月のような性格なのだろうか?

いや、ワシはキリスト教の神を冒涜しようと思っているのではない。 「人間が書いた書物を文字通りに受け取る」なんてことはしないほうが、みんなの幸せのためじゃないかなぁ、と思っているだけだ。 思想信条や信仰は重んじるべきである。 自分のそれだけでなく、他人のものもだ。 自分が好きなことだからといって押し付けて欲しくはないのである。*4

『デスノート』を教訓的に読むならば、夜神月のように自分のことを「神である」とか「神の代弁者である」なんていうヤツはロクデモナイやつに決まっている、ってことかもね。*5


*1 パスポートとか論文とか……。
*2 元祖【科学的逍遙】の「トトロの大木は一夜にして成らず?」などを参照のこと
*3 推定方法によって多少の差があるが、だいたい46億年といわれている。
*4 自分と異なるものを信じている人、自分と違うことを考えている人を排斥するのでは、カルトだよ。
*5 歴史をひもとくまでもなく、ワイドショーのネタになる変な宗教の教祖を見りゃあ判る。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-12-23 (土) 11:46:33 (4559d)