データはウソをつく ―― 科学的な社会調査の方法

著者
谷岡一郎
出版社
筑摩書房(ちくまプリマー新書)

だまされないための科学的思考法

本書は主として若い人、社会科学系の大学生や大学院生を想定読者として書かれている。 しかしもちろん、自然科学系の学生も読むべきである。 とくに、基本的にデータ自身がウソをつくことがない、物理化学系の学生は必須だろう*1

実験科学、ことに生物学系の学生にとっては、まさに推計学や生物統計学で習うような事柄が書かれているので「あったり前じゃん」と思うかも知れないが、大学を出て社会に出たときにも、統計学は応用できるのだよ、ね。

本当は投票権を持つすべての人*2に、統計データにつっこみを入れる能力、因果関係と相関関係を見分ける能力を持って欲しいところだけどね。

本書の読者ではない人

その反応*3が、天の川銀河のどの方向に見えるかで、あなたの恋が変化したり、他人との関係が悪くなったり、受験にむいた日があるなどと本気で考えるなら、アナタはウチのネコと同じレベルです。まだ立ち読みをしている段階なら、この本を買うのはおやめなさい。たぶん何の役にも立たないでしょうから。代わりにドクター・コパの本でも読むか、細木数子のバラエティ番組でも観て、世の中の不思議について悩み続けることです。私にとっては悲しいことですが。 (p.20-21)

いしいひさいちのマンガ

本書には、いしいひさいちのマンガが十一編掲載されている。 これらのマンガがまた、的確に「アドホック*4の理論化」や「統計的なマヤカシ」や「無関係なこじつけ」にツッコミを入れ、笑わせてくれる。

ちなみに、ワシが一番好きなのは、86ページの「古代人のすばらしい技術」の話である。


*1 なんで物理化学系の科学者が自称超能力者にだまされたり、カルト宗教にハマったりするのかというと、疑うことを知らないからだと聞いたことがあるが、本当だろうか?
*2 18歳以上になるのかねぇ
*3 恒星が光を放つ元となる核融合反応
*4 ポストホック、後付け

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-05-15 (火) 19:53:04 (4481d)