チーム・バチスタの栄光(上・下)

著者
海堂尊
出版社
宝島社(宝島社文庫)

以前、単行本で読んだのだが、そのときは借り物だった。 今回、文庫版を購入して再読した。

やっぱり面白い。 再読であるから、すでに物語の展開や犯人は判っているのだが、それでも面白い。 再読には、トリックを見破るヒントを探したり、後にシリーズとなる伏線を探したりする楽しみもある*1

何といっても、ワトソン役にあたる精神内科医・田口講師と、ホームズ役にあたる厚生労働省の変人役人・白鳥調査官のコンビが楽しい。 「火食い鳥」こと白鳥の傍若無人振りが痛快である。 自分には絶対できないし、絶対に近くに居て欲しくない性格の人間ではあるが*2

コトが心臓外科手術中の患者の死亡事件(事故?)であり、犯人の動機もぞっとするものなので、白鳥のはしゃぎ方は不謹慎かも、と思ったが、ミステリなんだから人の死の重さを「ちょっと横へ置いとく」のは当然か。

ちなみに、権力闘争から逃れながら自分の望む環境を手に入れるという、田口講師の手腕は羨ましい限りである。 ワシも権力やそれに伴う責任は真っ平御免、と思っているのに(もちろん、仕事はキチンとやるけどね)。 このシリーズでは、「お役所仕事」や「権力志向の人間」をおちょくることも「テーマ」の一つになっているように思う。

ふと思ったのだが、権力志向の人が読んでも面白、痛快だ、と感じるのだろうか?

(2007年11月18日 再読)


*1 本作品と同じ東城大学医学部付属病院を舞台とした『ナイチンゲールの沈黙』、『ジェネラル・ルージュの凱旋』、同じ桜宮市の個人病院を舞台とした『螺鈿迷宮』。
*2 映画では阿部寛が演じるそうだ。『トリック』の上田のような感じで演じるのだろうか。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-11-18 (日) 17:56:41 (4230d)