スペース・オペラの読み方

著者
野田昌宏
出版社
早川書房(ハヤカワ文庫)

「SFの読み方」指南書

先般亡くなった「スペオペ大王」が紹介する、海外SFの紹介。 設定は良いのに、なんでもっと面白い話にならないのだろう、と紹介されていている作品もあるが、野田氏の語るストーリーを読むと、面白そうだったりする。 独特のスピード感のある語り口のせいだろうか。

また、戦後神田の古本屋街でペーパーバックや古雑誌を買いあさった日々の話や、日本のSF作家が生まれ始めたころのエピソードも面白い。 へぇ、翻訳者としてよく名前を見るアノ人は、こんなコトしてたんだ、とか。

スペース・オペラとは何か?

そう聞かれても、スペース・オペラに概念規定なんかない。

敢えていえば、面白くて手放しで楽しめる要素を濃厚に持つ比較的単純なストーリーのSFのことである。

それに私の独断と偏見と願いをちょっと付け加えれば、“お友達になりたいような”気分のいい主人公達が“読者とともに”宇宙空間で活躍し、読者は終りが来なければよいと願い、いつまでも続きを読みたくなる物語……ということになるのだろうか。

……と「はじめに」に書いてあるが、本書で紹介されているSFのほとんどは、高千穂遥氏が指摘している通り、スペースオペラではない

私の好きなクラークのハードSFや、アシモフのロボットものにもページが(かなり)割かれている。 まだ読んでいない作品もあり、本書の紹介を見て、読んでみたくなった。

ただ、紹介されている作品は、「古典」に分類されるものも多い。 絶版だったり、たまに本屋で見つけても、昔の活版かと思うような小さな活字だったりする。 クラーク*1やレム*2の作品のように、大きな活字の改訂版で再登場してくれると良いのだが。


*1 楽園の泉』参照。
*2 砂漠の惑星』『エデン』『ソラリスの陽のもとに』参照。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-09-11 (木) 23:43:10 (4025d)