スカイ・クロラ

著者
森博嗣
出版社
中央公論新社(中公文庫)

押井守のアニメになったということで話題の『スカイ・クロラ』を読んでみた。

読んでいる間は楽しかったが、もう一度読み返したり、シリーズを続けて読むかは、微妙だなぁ。

技師とのやりとりや空戦シーンは楽しかったが、地上での日常はけだるい。 その辺りが、永遠に生きる子供(キルドレ)の宿命だというのだろう。

それにしても空戦の描写とか、推進機構の話とかは、オタク的だなぁ。 そういえば、主人公の乗る戦闘機、震電みたいだねぇ。 6枚プロペラのプッシュ(推進)式という構造が好きで、何機かプラモデル作ったなぁ。 あぁ、そういうことを書くと、ワシもオタクと思われちゃうか。

この本の問題点の一つは、カバーの記述にある。 ネタバレになってしまっているので、物語を読み進めるに連れて徐々にその世界が明らかになる、という楽しみを奪ってしまっている。

僕は戦闘機のパイロット。飛行機に乗るのが日常。人を殺すのが仕事。二人の人間を殺した手でボウリングもすれば、ハンバーガも食べる。戦争がショートして成立する世界に生み出された大人にならない子供(キルドレ)――戦争を仕事に永遠を生きる子供たちの寓話。

もう一つの問題点は、キルドレが「子供」とは言い切れないことだ。 見かけの年齢は二十歳そこそこのようだし、無理すれば二十代半ばに見せられるらしい。 ワシのような中年からすれば二十歳のころは「子供」だ。 しかし、実際の戦争でも「子供」が戦わされた(今も戦わされている)のである。

富める大人たちの代理として戦争を仕事とする子供たち、というのは、寓話ではなく現実なのである。

さらに、これはシリーズを読み進めると明らかになるのかも知れないが、なぜ生まれてから二十年ほどにしかならない(295ページ)キルドレが、「永遠に生きる」となぜ判ったのか?  充分な標本数と経年観察が必要だと思うのだが。


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-08-29 (金) 23:27:27 (4041d)