ジェネラル・ルージュの凱旋

著者
海堂尊(かいどう たける)
出版社
宝島社

ナイチンゲールの沈黙』と同時進行で起こる事件。 よくもまぁ、絡み合う二つのプロットを考え、それを2冊*1の本にしたものだ。 時系列順に並べて、前後関係に破綻がないか意地悪く調べたい衝動に駆られるのだが、自前で買った本ではなく借り物なので、並べて比較できない。 文庫になったら、やろうかな*2

さて、「愚痴外来」担当の万年講師にしてリスクマネジメント委員会委員長の田口講師の元に届いた怪文書が発端となる*3。 それは、ICUの速水部長が医療品納入業者と癒着しているという内部告発だった。

ミステリになっているのは、この内部告発を行ったのは誰か、という点だけである。 むしろ、採算の取れない救急医療を病院の不採算部門として切り捨てるべきか、とか、医療倫理はどうあるべきか、とか、大災害にいかに対処するか、とか、そういった医療をめぐる問題点を指摘することがメインテーマになっているようだ。

今回も厚生労働省の変人役人、火食い鳥こと白鳥調査官とその補佐の氷姫*4が登場し、事態を「オイオイ」と言いたくなる方向へ持って行く。 本作では白鳥があまり暴れていない。 その分、ジェネラル・ルージュ(血まみれ将軍)ことICUの速水部長や「がんがんトンネル魔人」ことMRIの島津教授ら田口講師の同期、それに久々に登場の外科の黒崎教授が吼えること吼えること。 吼える相手は小役人根性全開の倫理問題審査会(エシックス・コミティ)委員長・沼田教授である。

現場を見ずに、書類上の細かいことだけをつつきまわす輩に腹立たしい思いをしている人にとっては痛快かも。 もちろん、実社会ではあんなふうに啖呵を切れないけどねぇ。

2007年4月24日読了(借り物)


*1 螺鈿迷宮』を加えれば3冊か?
*2 ウチには野放図にハードカバーを買うほどの金も置き場所もないのだ。
*3 物語は『ナイチンゲールの沈黙』の歌姫の緊急入院から始まるが、ハナシとしては、告発文書が発端である。
*4 ここでは本名を書かないが、『螺鈿迷宮』を先に読むとわかっちゃうよねぇ

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-04-25 (水) 23:58:47 (4443d)