ジーン・ワルツ

著者
海堂尊
出版社
新潮社(新潮文庫)

遺伝子のワルツ

生命は遺伝子DNAのトリプレット(三つの塩基対)が奏でるワルツに乗って展開される。 1個の卵子と1個の精子が出会って受精卵となり、複雑な発生の過程を経て、ヒトとして生まれ出る。

高校の生物の教科書ではあっさりと扱われるその過程は、実際に観察すると、殴られたような衝撃を受ける。 いや、ワシが観察したのはヒトの受精卵ではなくて、ヒキガエルシュレーゲルアオガエルやメダカの受精卵なのだが、「神秘的」であることに変わりはない。

神への挑戦? それとも救済?

人工授精、代理母出産は「神の領域」なのか?

医学の進歩により、性行為と生殖を分離することが可能となった。 これを神の領域を侵犯する越権行為と見るか、一つの治療行為と見るかは、見る人の立場による。 さらに、人道的な行為か、違法行為かについても、時代や立場で変わる。

本書では、そうした危うい行為に関わらざるを得ない、不妊治療にあたる産婦人科医が主人公である。 曾根崎理恵が何を企んだのか、そしてその結末は、というミステリーの部分については、ここには書かない。

また、口では少子化対策と言いながら産婦人科・小児科医療を崩壊させている行政の問題点についても、ここには書かない。 ワシが何か書くだけの勉強をしていないから、であるが。

著者は、現役の医師として日本の医療の崩壊を憂い、行政の問題点を告発する手段として小説を書いている。 本書だけでもミステリーとして完結しているが、『極北クレイマー』の医療過誤死問題、『チーム・バチスタの栄光』の桜宮サーガとの関係も深い。 もっとも、田口・白鳥コンビは出てこないけどね。

あなたが「存在を開始した日」は、何年何月何日?

さて、自然妊娠で生まれた人は、本当の「誕生日」がわからない。

母体との接続が断たれ、酸素呼吸を始めた日はわかるが、父親由来の遺伝子と母親由来の遺伝子が混ざって、新しい個体のゲノムが構成された、「受精の瞬間」がいつなのかは、出産日から逆算し、推測するしかない。

人工授精の場合だけ、本当に新しい個体、新しい生命としての第一歩を踏み出した日がわかるのだ。

このように考えてみると、星占いをはじめ、誕生日を元に運命や相性を占うことがいかにバカバカしいことか。

自発呼吸を始めた日の太陽の背景の星座が、その人の人生にどう関われるというのか? 

受精卵という一つの細胞を出発点として、複雑な過程を経て生まれてくるだけでも、じゅうぶんな奇跡なのである(すべての赤ちゃんに祝福を)。

人が決めた法則にではなく、「現実」の生の中に神秘を見い出すほうが、幸せになれると思うぞ。

オスという哀しい性

また、自然妊娠では父親を確定できない。 もちろん、状況から判断はできるが、絶対的な証拠はない。

ここが父親の辛いところだ(生物学的な一般論である)。 母親(妻)の産んだ子供が、本当に自分の遺伝子を継承しているのかどうか、絶対的な確信を持てないのが、オス親なのである(生物学的な一般論である)。

人工授精の場合は、父親が誰なのか、確実にわかる。 それだけでなく、父親を誰にするかを、結婚や性行為の有無とは無関係に決定できる。

……この先はネタバレになるので、この辺でやめておこう。


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-07-12 (月) 22:46:13 (3358d)