コラプシウム

著者
ウィル・マッカーシイ
出版社
早川書房(ハヤカワ文庫SF)

表紙のイラストが萌えキャラなので、ウチのムスメどもに「オタクっぽーい」と言われてしまったが、中身はハードSF+スペースオペラだ。 表紙に萌えキャラとして描かれているのは、脇役の一人で、十歳そこそこのソル女王国(太陽系)捜査局長。 本当は(?)中年女性なのだが、事故死したときに最新の人体・人格パターンがバックアップされていなかったので、子供の頃の人体と人格を再生し、そこに故人の捜査メモ(随時記録されていた思考パターン)をダウンロードしたのだそうだ。

このような、人体・人格の再生や転送(「どこでもドア」みたいなテレポーテーション装置「ファクシミリ」が出てくる)ができる時代に起こる、ブラックホールを用いた超高速通信装置がらみの事件を、それらの装置の発明者の天才重力工学者が解決する、という話だ。 もちろん、タイトルの「コラプシウム」は重力による縮退と元素を組み合わせた造語だ。 その他、どんな物質でもエミュレートできる「ウェルストーン」とか、とにかくたくさんのガジェットが出てくる。 あまりの用語の氾濫に、たびたび巻末の用語集や技術資料を参照しないと、話について行けなくなる。 時代設定といい、ガジェットの数々といい、ラリー・ニーヴンの「ノウンスペース」シリーズを思い浮かべたが、主人公が重力工学の専門家であることからすると、チャールズ・シェフィールドの『マッカンドリュー航宙記』とか『プロテウスの啓示』と似ている気がした。

それにしても気になるのは、「ファックス」することでコピーを作ったり、そのコピーが別々の行動をとった後で、もう一度「ファックス」して再統合したり、というあたり。 人体や人格を情報として保存する、という話は、アーサー・C・クラークの『都市と星』やらグレッグ・ベアの『永劫』やら、かなり以前からあるアイデアだ。 情報として保存できれば、転送も再生も自由自在……というのはいいのだけれど、経験や記憶の統合ってできるのだろうか?  考えてみれば、ワシらの体を構成している原子は日々入れ替わっているので、人格のパターンが移植できるものなら、「コピー」は「オリジナル」と何ら変わりがない。 しかし、コピーとして別の環境で生活を始めたら、人格のパターンはオリジナルとは段々違って行くのではないか?  昨年のワシと今年のワシだって、同じ季節に同じものを見て、感じることが違うのだから。 ヒトは、一貫した記憶を持つから、「自分」という認識ができるのだという。 途中で記憶が枝分かれしちゃったら、再統合したとき、多重人格になっちゃうのではないだろうか?  ……まぁ、誰でも多かれ少なかれ多重人格なのだから、問題ないだろうという考え方もある(例えば、夢の記憶は、別人格の記憶かも知れない)。 でも、数百人もコピーを作っちゃったら、再統合しないほうがよいだろうなぁ。

初出:科学的逍遙日誌


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-07-22 (土) 23:19:42 (4810d)