キルン・ピープル

著者
デイヴィッド・ブリン
翻訳者
酒井昭伸
出版社
早川書房(ハヤカワ文庫SF)

ハードSF……というか、ハードほら話、という感じだ。 この場合のハードは「ハードボイルド」のハードでもある。 主人公(たち)が私立探偵だからだ。 「たち」と書いたのは、この私立探偵、自分の複製をたくさん作って調査にあたるからだ。

「人格」というか「魂」を粘土の塊に複写し、自分の複製「ゴーレム」として働かせる。 ……複写する先が粘土の塊で、生物学的なクローンでも機械的なロボットでも無いから、「ゴーレム」なのだね。

ソフトウェアを別のハードウェアにコピーするみたいに、人間の「魂」だか「意識」だか「人格」だかを、コピーできるもんだろうか? まぁ、そういうことが可能だという前提で描かれたSFは、いっぱいあるよね。 クラークの『都市と星』とかベアの『久遠』『永劫』とか。

ブリンのゴーレムは、寿命が1日で、1日の終わりには記憶を原型(オリジナル)に書き戻したら、融けてなくなる(か、あるいは陶土としてリサイクルされる)。 そこで、原型の人間は、「自分がゴーレムであったときの記憶」を持つことができる。 この「記憶の併合」って、便利なようだが危険を伴うなぁ。 普通に生きているときの記憶だって、整理するのに毎晩1〜2時間かかる(夢を見ている時間がそれだ)。 ゴーレムを4体も5体も作って、その記憶を整理するとなると、8時間の睡眠時間じゃ足りないかも。 記憶の容量の問題もあるよね(記憶の容量については、作中でも触れられている)。

ゴーレムが日常化した社会は必然的に変革を迫られる。 そのへんの社会の様相の断片の描写が面白い。 離婚した元妻が、元夫に子供を会わせる代わりに子供のゴーレムを会わせ、その楽しい記憶を原型の子供には書き戻さない、とか。

ブリンが意図しているのかいないのか、どこかで聞いた(読んだ)ような設定やエピソードがいっぱい出てくる。

魂を無機物に複写、定着させる……って、マンガの『鋼の錬金術師』のアルフォンス・エルリックみたいだね。

ゴーレム同士の戦い(ギャングとか、兵士とか)がものすごくて、手足は飛び散る、首は落ちる、でも有機物じゃなくて陶土だから、ぜんぜんスプラッタじゃない。 むしろコミカルだ。 おまけに、ゴーレムが人間を傷付けないように気を使うこと、アシモフのロボット工学の三原則より「丁寧」かも。

ゴーレム同士が傷付けあっても、刑事事件にならない。 モノ同士だからだ。 器物損壊で、原型(オリジナル)の人間が賠償請求するだけだ。 そこで、ゴーレムの町で派手な打ち合いがあっても、出張ってくるのは「刑事」ではなくて「民事」だったりする。

話は変わるが、登場人物の一人、カオリンて、粘土鉱物のカオリナイトのもじりだね。 モンモリリンは同じく粘土鉱物のモンモリロナイトだ(読んでいる最中、そんな気がしていたのだが、訳者あとがきで裏付けられた)。 ワシはいちおう農学士なので、粘土鉱物の名前くらい知っているのだ。

クライマックスは、魂を増幅して高次元にぶっ飛ばそうとするマッドサイエンティストの秘密実験室。 出現する「魂の野(ソウルスケープ)」って、グレッグ・ベアの『ブラッドミュージック』の「バイオスケープ」を思い起こさせるよね。 でも、ソウヤーの『ターミナルエクスペリメント』の魂の表現が宗教的なのに、『キルン・ピープル』の魂は科学(というか空想科学?)の延長線上にあるように思える。 クラークの『幼年期の終わり』の表現に似ているからかなぁ。


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-09-12 (水) 21:44:08 (4393d)