カラーユニバーサルデザイン

著者
カラーユニバーサルデザイン機構(CUDO)
出版社
ハート出版

色の見え方は、人それぞれ

カラーユニバーサルデザイン機構(CUDO)による本書は、人により色の見え方が違うこと、その違いにより不便や危険なことがあること、そしてそうした不便や危険を回避し、誰にとっても見やすい色遣いが可能であることが示されている。

小学生のころ、「色盲検査」というものがあった。 さまざまな色の点でできた図版を見せられて、その中に描かれている数字を答える、というものだった。

赤や黄色の丸い点の中に、緑色の点で「3」などと描かれているので、それを答えるのだが、クラスに一人くらい、読めない男子がいた。 ほかの連中が次々と答えられるのに、その子だけ、首をかしげているのである。

いくつかの図版の中で一つだけ、その子が即答できたものがあった。 ところが、(ワシを含めて)ほかの子たちがその図版を見ると、ランダムに点が並んでいるだけに見えた。

……今にして思えば、その子は赤緑色弱であったのだろう。 赤い光を感じる視細胞がないか、あるいは感度が低いため、赤色と赤色と緑色の区別が付きにくいという色覚のタイプである。 日本人の場合、男性の20人に一人(5%)は、このタイプ(P型、D型)である。

しかし、よく考えると「色盲検査」という言葉からして変である。 人口の多数を占める色覚タイプ(一般型、C型)の人が読み取れない数字を、読み取れる人がなぜ色「盲」なのか?  赤い光というノイズに邪魔されない分、緑から青にかけての微妙なスペクトル、例えば青緑色と緑青色の違いがよく判るというのに?

(ヒトの進化と色覚のタイプについては、下の「参考」を参照のこと)

バリアフリーではなく、ユニバーサルデザイン

障碍を持つ人にとっての障壁を取り除くのが「バリアフリー」である。

それに対して、誰にとっても優しい仕組みをつくるのが「ユニバーサルデザイン」である。

パステル調の柔らかい色遣いのイラスト、階調の似通った小さな文字の羅列、FAXで送信するとワケがわからなくなるグラフ。 そういうモノは、誰にとっても優しくない。

カラーユニバーサルデザインの場合、「情報伝達を色に依存しないこと」「色がなくても伝わること」に注意すればよいので、比較的対応しやすいのではないか、と思う。

参考


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-02-25 (木) 00:05:29 (3497d)