カタリベ

著者
石川雅之
出版社
リイド社

主人公は(みん)王朝に追放された豪族の末裔、九姓漁戸(きゅうせいぎょこ)の「御曹司」。 彼を取り巻く登場人物は、福建の海商「三つ目」、サムライ殺しの海賊「マエカワ」とその仲間、倭寇、肥前松浦党、村上水軍……。

南北朝の日本海を舞台にしたという、珍しい海洋伝奇冒険活劇*1。 残念ながら未完で、1巻のみ、13話で終わっている。

自我の崩壊した人間を「鬼」……狂戦士として使う「鬼師」や、なぞの神だか精霊だかの「バハン様」。 ……というあたりの設定や描写は、宮崎駿のマンガ(アニメではない!)『風の谷のナウシカ』を思わせる。

まぁまぁ面白いのだが、是非とも続きを読みたい、というほどでもない。 カミさんに言わせると、

「グロい。『もやしもん』のほうがいい」

だそうだ。

『もやしもん』と比較するのは間違っているのではないか、と思ったが、そういえば、女性のキャラクターは似てるかも。

ちょっと気になったのは、実際に当時、異なる民族の人たちが同じ言葉で話せたのかどうか、ということだ。 環日本海文化圏があったのだから、共通の商用語があったのだろうね。


*1 「海洋伝奇冒険活劇」ってのはワシの発明ではなく、帯に書いてあったのだ。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-10-16 (月) 21:23:45 (4627d)