砂漠の惑星

著者
スタニスワフ・レム
翻訳者
小原雅俊
出版社
早川書房(ハヤカワ文庫SF)

『ソラリスの陽のもとに』『砂漠の惑星』と三部作をなす作品。 テーマは「異星の知性は、人類には理解できないのではないか」ということ。 しかし、三部作の中では「エデン人」は最も理解しやすい存在かもしれない。

1959年、ということはワシが生まれた翌年の作品である。 どことなく、映画『禁断の惑星』のような雰囲気がしちゃうのは、その時代のせいだろうか。 『砂漠の惑星』の記事にも書いたが、レムの宇宙船や装甲車「防御号」の描写は、なかなかレトロである。 その一方「オートマット」*1と呼ばれる人型ロボットが無言で活躍するあたりは、妙に現実味がある。 「SFは科学技術の進歩を予測するものではない」と言われる。 あくまで、著者の想像力が生んだ世界を楽しみ、その発想に驚嘆し、ヴィジョンに酔うべきものなのだろう。

さて、この作品は惑星エデンの砂漠に墜落した宇宙船の乗組員*2とエデン人とのファーストコンタクトを描く。 ファーストコンタクトだけでなく、文明の利器を奪われた乗組員のサバイバルと、宇宙船をいかに修理して惑星から飛び立つか、というところにも重点を置いて描かれている。

いやまぁしかし、1950年代には、原子力というヤツが楽観的に描かれているなぁ、と思って読んでいたら、終盤に被爆の恐怖が描かれていた。 よく考えたら、原子力発電にとどまらない原子力の利用が盛んに語られていたと同時に、核の恐怖と共存していた時代だったのだ。 核兵器が削減されるどころかむしろ拡散しつつあり、またプルトニウムの「生産」が可能な商業原子炉も増えていることを考えると、1950年代よりも現在のほうが危険な時代なのかもしれない。

最後に明らかになるエデン人の社会は異様なものだが、遺伝子工学・生命工学が進展した昨今、異様なだけではなく背筋の寒くなる思いがする。 「匿名の権力者」による「生産階級の分化の強制」なんて、とっても怖いよねぇ。

だが、その「エデン人の社会」の様相が、エデン人とコンピュータとの会話から明らかになってくるさまは、ある意味興ざめである。 「異星の知性は、コンピュータを介在させると人類に理解できるものに変わる」ことになっちゃうのでは、レムらしくないように思った。

むしろ、延々と描かれる異星の風景のほうが、レムらしいと思う。 得体の知れない有機的な機械など、何となくレムの初期の長編『金星応答なし』を思わせる。 多くの読者が指摘しているように、レムは共産主義的楽観主義に満ちた『金星応答なし』への不満から、そのリメイクとして『エデン』を書いたのではなかろうか。

(2008年2月23日読了)


*1 オートマタ
*2 名前が明らかなのは技師一人だけで、あとはドクター、コーディネーター、サイバネティスト、物理学者、化学者というように、肩書きというか職業名で呼ばれる。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-02-26 (火) 21:59:44 (4194d)