イリアム

著者
ダン・シモンズ
翻訳者
酒井昭伸
出版社
早川書房(ハヤカワ文庫)

人類文化を継ぐものは何か?

木星系の衛星出身の半生物機械、モラヴェックがとても人間くさくて良い*1。 三千年くらい先の未来、生物学的器官と自律的な知能をもつ衛星探査機が、木星系のそれぞれの衛星で進化したらしい。 ライブラリーからダウンロードしたシェイクスピアのソネットやプルーストの著作を(衛星間のネットワークを介して)論じたりする。

そのモラヴェックたちが、わずか千年ほどでテラフォーム(地球化)された火星の探査に赴く。 その目的は、テラフォームを行ったのが誰か(ポストヒューマンだと思われるが、不明)、火星付近で量子化活動が活発な理由は何かを探ること。

ところが、火星近傍に到達したとき、宇宙船はギリシア神話の神々の駆る天かける戦車に撃墜されてしまう。 かろうじて生き残った2体のモラヴェック、マーンムートとオルフは、小さな緑色の火星人(LGM:リトル・グリーン・メン)に助けられる。 ギリシャ神話の神々は、本物なのか? LGMはどうやって火星にやってきて、何をしているのか? ……これらの謎は、『イリアム』では明かされない。 続編の『オリュンポス』に持ち越しである。

イリアム=トロイ戦争

じつは、モラヴェックたちの冒険以外に、二つのメインストリームが存在する。 というか、ページ数が多いのはこっちだろう。 ギリシア神話の神々は、トロイ戦争にちょっかいを出しているのである。

そしてなぜか、21世紀の古典文学研究者のホッケンベリーたちは、トロイ戦争を「観察」している。 戦争の推移がホメロスの『イーリアス』に記録されている通りかどうかを確認する役目を神々に命じられているのだ。 ホッケンベリーは密かに、神々の言いなりになるものか、と心に決める。

最初ワシは、未来の火星上でトロイ戦争が再現されているのかと思ったが、そうではなかった。 量子テクノジーを用いることで、過去の地球と未来の火星を行き来できるようになっていたのだ。 まぁこの、量子テクノロジーというのが曲者で、ハードSF的な説明をしないダン・シモンズにとっては便利なガジェットである。 「どこでもドア」や「変身ブローチ」(そんな道具が『ドラえもん』に出てきたかどうかは知らないが)の技術的基盤になるのである。

しかしまぁ、ギリシア時代の戦争のむごいこと。 いや、ギリシア時代に限らない。 『アレキサンダー』にも書いたけど、白兵戦とは、斬る/突く/矢を射掛けることによって「人体損壊」の限りを尽くすことだ。

戦場とは、血とはらわたを大地にぶちまける場所なのだね。

イーロイの冒険

もう一つのメインストリームは、未来の地球。 『ヘリックスの孤児』に収録されている「アヴの月、九日」の後日談である。

文字を読むことも忘れ、20年×5回の人生を享楽的に過ごす古典的人類たち。 99歳の、つまり与えられた寿命はあと1年のハーマン、女たらしでデブのディーマンらは、「最後のファックス」で旅立たなかった「最後のユダヤ人」サヴィに出会う。

サヴィは彼らを「イーロイ」と呼ぶ。 イーロイとは、ウェルズの『タイムマシン』に描かれた無気力で軟弱な未来人である。 ところが、ハーマンたちはイーロイはおろか『タイムマシン』も知らない。 文学などの文化は、古典的人類たちには継承されていないのだ。

はるか木星系に暮らす半生物機械たちには継承されているのにね。

物語の後半、ハーマンたちは定められた寿命の秘密や、テレポーテーション装置「ファックス」の秘密を知る。 そしてその状況を打破すべく闘うことになる。 こともあろうにキャリバンとである。

キャリバンはもちろん、シェイクスピアの戯曲『テンペスト』(あらし)に登場する怪物で、支配者であるプロスペローにいやいや従いながら、反抗の機会を待つ。

そのキャリバンがなぜ、未来の地球の、しかも赤道上の宇宙軌道都市にいるのか?

よくもまぁ、入り組んだ話を考えたものである。

人類対神々の戦い

衛星探査機の末裔モラヴェックのマーンムート、中年の大学教授ホッケンベリー、「イーロイ」のハーマンとディーマン。 彼ら、本来まったく戦士向きではない連中が、アキレウスやヘクトル、オデュッセウスらと神々の戦いに巻き込まれる。

人類とその末裔には、「やるときにはやる」遺伝子が残されているのだろうか。 その戦いが始まったところで、『イリアム』は終わる。 すべては『オリュンポス』で明らかになる……らしい(まだ読んでいない)。

ネタバレ必至のツッコミ

本作に登場する瞬間移動システムは2種類ある。 QT(量子テレポーテーション)は、離れた場所にある粒子の量子状態を利用するようだ。 二つの粒子が量子もつれの状態にあるとき、一方の粒子のスピンの向きが決まれば、もう一方の粒子のスピンも決まる。 つまり情報が瞬時に「移動」したことになる。 この原理を利用して、物体の情報を「転送」するのがQTである。

この「原理」、じつは物理学における有名なパラドックスである。 光速を超えて情報が伝わることは、相対性理論に反するからだ(本/日経サイエンス/2010年04月号物理学を認識論にする」参照)。 まぁ、当たり前だけど、量子テレポーテーションは架空の技術だからね。

『イリアム』の終盤、量子テレポーテーション技術の利用により、4000年を隔てたギリシア(地球)とオリュンポス(火星)を「トンネル」でつないでしまう。 トンネルというか、巨大な「通り抜けフープ」みたいだが。 しかし、地球と火星では、重力も気圧も違うだろうに、つないでしまって大丈夫なのだろうか。 地球の大気が、どーっと火星に流れ込んじゃうとか……。

「ファックス」は、元の物体をスキャンして符号化し、離れた場所で復元するシステムである。 文字や絵などの情報を転送するファクシミリに似ているが(だから「ファックス」なのだが)、ファクシミリと異なり、オリジナルは残らない。 なぜなら、スキャンするとき、元の物体は原子のレベルまで分解されてしまうから……。 その原子は、ファックス・ステーションに保管しておいて、次に転送されてきた物体(人体)の復元に利用する*2

いやぁ、何ともぞっとする転送システムですな。 「どこでもドア」やスター・トレックの転送システムのようなものがあれば、移動に要する時間と燃料の節約になって良いと思うのだが、通勤のたびに原子に分解されてしまうのはイヤだな。

もっとも、人体を構成する原子は常に入れ替わっているのだから(『百の元素になって』参照)一度にぱっと入れ替わってしまっても、あまり変わらないかもしれない。 もちろん、「意識」もちゃんと転送されれば、だけどね。

そういえば、20年ごとの若返り処理とか病気の治療とかを「治癒院」の培養槽に浸って行っていたけど、そういう修復や「ノイズ除去」ってファックスでの転送中にできないものだろうか? ノイズ除去やデータ圧縮を行ううちに、情報の劣化が起こる、という話は堀晃*3やマイケル・クライトン*4が書いていたなぁ。

どうもこういう、どっかで読んだような話が出てくるところが、シモンズのSFの良さでもあり、限界かも知れない。 エンターテインメントなんだけど、センス・オブ・ワンダーはいまいちなのだよね。 ガジェットはいろいろ出てくるが、「おっと、そう来たか」という感じで、ハードSF特有の「おぉっ!なんだこれは!」という感じではないのだ。

でもまぁ、「これはアノことを言ってるのだな」と思わずニヤリとさせられるのは快感である。 ファックスについても、モラヴェックのマーンムートが「蠅」に関するジョークを言うし。

ギリシア神話や『イーリアス』や『オデッセイア』やシェイクスピア、プルーストなどにもっと造詣の深い人なら、さらにニヤニヤしちゃうんだろうなぁ。


*1 小惑星イトカワを探査した「はやぶさ」が帰還した直後に読んだせいか、自律的な機械が健気で可愛くて仕方ないのだ。科学的逍遙日誌生命なきロボットへの感情移入」参照。
*2 ちなみに、ファックスと似たようなシステムは、クリフォード・シマックの長編『中継ステーション』にも登場する。銀河文明の拠点間を移動する異星人は中継ステーションごとに死体を残しつつ、旅を続けるのである。
*3 『太陽風交点』収録の「電送都市」参照。
*4 『タイムライン』参照。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-07-01 (木) 22:55:42 (3273d)