イノセント・ゲリラの祝祭(上・下)

著者
海堂尊
出版社
宝島社(宝島社文庫)

ミステリではない

チーム・バチスタの栄光』『ナイチンゲールの沈黙』のようなフーダニット(犯人は誰だ)でもなく、『ジェネラル・ルージュの凱旋』のようなホワイダニット(犯行理由は何か)でもない。

一つのエピソードとして、厚生労働省の役人、白鳥はなぜ不審死体を1ブロックかそこいら運んだのか? という謎が提示される「東京都二十三区内外殺人事件」があるものの、全体としてはミステリ(推理小説)ではない。

死因不明社会への挑戦

日本では、死体の解剖率が2%に満たない。

そのため、事件性のある死(ようするに殺人)や、医療過誤による死が「心不全」などとして見過ごされている可能性がある。 また、国民の死亡原因の統計すら、その根拠が危うくなる。

これを何とかしないと、日本の医療行政は崩壊しかねない……ということで、厚生労働省に検討会が設置される。 その会議室内のバトルに、東城大学付属病院の田口講師が巻き込まれる……という話である。

例によって、癖のあるキャラクターがたくさん出てくる。

そのキャラクター間のバトルを楽しむ、というのが本作の正しい読み方だろう。

そして本作は、どうも『極北クレイマー』への「つなぎ」でもあるようだ。


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-01-31 (日) 17:01:45 (3425d)