アダムの呪い

著者
ブライアン・サイクス
翻訳者
大野晶子
出版社
ヴィレッジブックス

遺伝学・進化学分野のノンフィクション

『アダムの呪い』というタイトルだけ見るとホラーか何かのようだが、じつはサイエンス・ノンフィクションである。 男性という性別を決定するY染色体と、その染色体上の遺伝子の発見、そしてその働きから予見される男性の絶滅……について述べている。

前半では、染色体の観察法、性染色体の発見など、高校の生物ではサラッと流してしまうところが詳述されていて、なかなか面白い。 高校の生物の副読本として推薦できるかも、と思うくらいだ。

ただ、惜しいことに大きな誤植もある。 83ページの「トリミソー」は、「トリソミー」の誤り。 カバーや帯に「Y遺伝子」と書いてあるのも気になる。 「Y染色体」とすべきだが、どうしても遺伝子という単語を使いたければ、「Y染色体上の性決定遺伝子」と書くべきだろう。 ひょっとして、担当した編集者が生物学に弱いのかな?

オスとメスの闘い

性をめぐる生存戦略については、ドーキンスの『利己的な遺伝子』などに詳しく書かれている。 われわれ生物は遺伝子の乗り物に過ぎず、その形態や行動は「種のため」とか「個人(個体)のため」ではなく、「いかに自分と同じ遺伝子を次の世代に伝えるか」という視点で考えた方が事実に合致する。

オスとメスの闘いも、還元すればY染色体とmtDNA(ミトコンドリアDNA)との闘いになってしまうようである。

侵略・戦争の歴史とY染色体アダム

ヒトの細胞質に含まれるmtDNAは、すべて卵細胞に由来する。 つまり、母親からもらったものだ。 そこで、同じ塩基配列のmtDNAを持つ人をグループ化し、塩基配列の変化の度合いから、グループ間の距離と分岐した時代を推定できる。

このような方法で人類共通の祖先となる女性、ミトコンドリア・イブの存在が明らかになった*1

同様に、男性のY染色体の一部の塩基配列を調べることによって、Y染色体アダムを追跡することができる。 実際にはミトコンドリア・イブと対になるY染色体アダムが見つかったわけではないが、異様に多くの子孫を残しているY染色体が見つかっている。

たとえば、チンギス・ハーンのY染色体。 チンギス・ハーンに由来するY染色体を持つ男性は、概算で1600万人にものぼる。 その分布はかつてのモンゴル帝国の版図に一致する。 侵略者・征服者チンギス・ハーンが帝国の各地で産ませた子供たちの子孫なのである。

本書では、ヴァイキングの侵略史とY染色体の分布にも触れられている。 興味深いのは、mtDNAについて調べると、Y染色体の分布と一致する場合があることだ。 つまり、シェットランド諸島やアイスランドでは、ヴァイキングの男性だけが先住民を蹂躙(じゅうりん)したのではなく、女性を連れて入植したらしい、ということだ。 幸村誠の『ヴィンランド・サガ』を読んだ後だったので、その情景が眼に浮かんだ。

男性の絶滅

mtDNAは、Y染色体を持つ胎児の成長を阻んでいるのかもしれない。 世代を経るごとに、Y染色体には好ましくない突然変異が蓄積する。 ……このようにして、男性は約12万年後には絶滅してしまうと予測される。

男性の絶滅とともに全人類が滅んでしまうのを防ぐには、どうすればよいか?

じつは、男性が絶滅しても、女性が生き残る道はある。 結局は、mtDNAがY染色体に勝利し、Y染色体は消え去ってしまうのだろうか*2

参考

元祖【科学的逍遙


*1 もちろん、全人類がただ一人の女性から生まれたということではない。現在生きている人類の多くが、かつて同時代に多数いたであろう女性のうちの一人からミトコンドリアを受け継いでいることが判ったのである。
*2 そういえば、mtDNAやY染色体の「思惑」を擬人化して述べている点は、本書を判りやすいものにしていると同時に、危うさを含んでいる。擬人化すると直感に訴えるが、実際にはmtDNAは「Y染色体を抹殺してやろう」などと考えているわけではない。かといって、正確な表現でうまく伝えるのも難しい。科学解説書のジレンマのひとつだろうね。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-01-09 (火) 21:51:16 (4549d)