『もやしもん』

菌が見える*1という特殊能力を持った大学生が主人公のマンガ。 副題に「TALES OF AGRICULTURE」とあるとおり、醸造学を中心とした農学、農業をめぐる物語である。 「菌マンガ」という新しいジャンルを切り拓いた……のかな? 

著者
石川雅之
出版社
講談社(イブニングKC)

もやしもん(第1巻)

作中の「東京にある某農大」って、ワシの母校である東京農大*2くさい。 獣医・畜産学部があるから、日大や麻布獣医の可能性もあるし、農場がキャンパスに隣接しているのは農大でも厚木キャンパスかも知れん。

しかし、出てくるエピソードや学内の雰囲気は、ワシが青春時代(の一時期)を過ごしたキャンパスでも見慣れたものだ。 もちろん、ワシには菌は見えんが、植物病理学や土壌学、食品加工学で勉強したほか、醸造学科の学生が実習で作った乳酸菌飲料を飲まされそうになったり、堆肥の研究の手伝いをさせられたり、その他モロモロで菌類(カビ・キノコ)や細菌類(バクテリア)、ウイルスなどには馴染みがある。 腹の中に優良な微生物群集(腸内フロラ)を育てようと心がけているし……*3。 ↑ この腸内フロラの話は、第1巻の「おまけ」に出てくる。 腸内フロラに限らず、どぶろく作り(第9話「かもすぞ」)でも描かれるが、菌類のせめぎあいは、生態系の遷移そのものだ。 狭義の(というか、正しい)エコロジー、つまり生態学だ。 面白いぞー。かもすぞー。

『もやしもん』には、生物学系研究者(学生を含む)のズレ具合がうまく描けていると思う。 というか、ワシ自身もズレていた(いる?)のだから、読んでいてカミさんほど笑えないのだ。 『動物のお医者さん』や『不機嫌なジーン』でも描かれていた通り、生物学系の研究室は、一種独特の泥臭さがあるのだ。 ワシは作物学研究室に居たから、泥臭さなんてものではなく、作物と一緒に泥そのものを持ち込んだりしていたけどね。 ま、そのへんの回顧的な話はまたの機会に。

「かもすぞー」は我が家での合言葉っちゅうか掛け声になりそうだ。

初出:科学的逍遙日誌

もやしもん2

菌をめぐるドタバタに、日本酒のウンチクと妙な学園祭(と言っていいのかどうか?)と媚薬がからむ。 媚薬の話が出てきたときには、いよいよ青年コミックの本性を発揮して、ウチのムスメたちには見せられない世界に突入か、と思ったら、(以下ネタバレになるので自粛)。

さて、某農大のサークル棟にあるUFO研では、インフルエンザが蔓延していた。 そしてなぜか、栄養として卵をとるための鶏と、癒しのための豚を部屋の中で飼っていた。 生物学系の学生、OBなら、ここでピンと来なければならない。 『もやしもん2』の中でも、UFO研の部長にして樹ゼミのゼミ生、武藤葵が気付き、防疫班(そういう部隊が待機している大学って、かえって心配な気もする)を呼んだ。

鳥インフルエンザは、豚を媒介することで、ヒトに感染するように変異するのだ*4

エピソードとしては地味だけど、菌マンガの真骨頂を発揮している、と思った。

あとは、ヘリコバクター・ピロリが脱走して加わったコロニーが、あっさり壊滅したときの、菌たちのつぶやきがよかった。 そうしてかもされた雑巾から、また妙なる香りが漂い、胞子が舞うわけだ。

初出:科学的逍遙日誌

もやしもん3

『もやしもん』で某農大に入学した主人公は、『もやしもん2』で春の学園祭を経験した後、ようやく『もやしもん3』で夏休みを迎えた。 もちろん、実学系の大学であるからして、夏休みにも農場実習がある。 しかし、農場実習で沖縄ってのはいいなぁ。

「かもし」を加速する方法や、ワイン醸造法、皮膚常在菌による鑑識(?)など、例によって菌をめぐる科学的(?)な話題が満載である。 その中で、ちょいと端折られていたのがボツリヌス毒素。 食中毒を起こすボツリヌス菌の毒素を顔面の筋肉に注射し、しわを伸ばす話が出てきていた。 ボツリヌス毒素*5は神経毒なので、筋肉が弛緩しちゃうのだよね。 実際にしわを伸ばすプチ整形をした人にあったことがないので判らないが、皮膚がぷりぷりになるのだろうか? 筋肉が弛緩したら、皮膚はたるむのではないだろうか?

初出:科学的逍遙日誌

もやしもん4

のっけから二ノ宮知子作『のだめカンタービレ』との「コラボ」である。 それはさておきっていう感じで本編が始まっても、主人公の沢木がヒロイン(っていうのか?)の一人である及川から借りた『のだめカンタービレ』を読んでいたりする。 生物の分類をめぐる学術的(?)な話を、菌たちが論じている背景で……。

相変わらず、変なマンガという路線を突っ走りながら、微生物の毒素、皮膚常在菌、日和見感染、発酵による兵器製造などの農学的薀蓄が語られる。

中でも興味深かったのが、共進化と農学研究の難しさの話。

「まぁ俺らが育ててやってるようなモンでス。この世の植物は。植物の方もそう思ってっかも知んねぇけど」
「共生かァ……」
「えェ。植物ってのはね土から栄養とるのヘタクソなんでスよ」
*6

この会話のあと、さらに植物の陸上への進出(数億年前)と、それ以来続く植物と土壌菌の共進化の話になる。

植物の生育に菌が欠かせない、というハナシは本当である。 とくに、アカマツにしろハンノキにしろ、とくに栄養分の少ない土地に育つ植物は、共生菌なしには生きていけない。 ちなみに、アカマツの菌根のモトになる菌が、マツタケだ。 アカマツの根に棲む共生菌が、菌糸をまとめて地上に突き出し、胞子体を形成すると、人間どもが見つけてよろこぶ、という具合である。

29ページでは安全帽(ヘルメット)をかぶったT.マツタケが現れてこう言うのだ。

「みろ上の方を。何世代もかけてこの周囲を支配し巨大建造物を造るんだ。それを我々はサグラダ・ファミリアと呼んでいるんだ。人は勝手にマツタケって呼んでるがな」

農学研究の難しさについて、(いつき)教授は93ページで次のように語っている。

米作りにプロなんていないんだ。まして完璧なノウハウなんてある訳がない。毎回が一発勝負。しかもお天気という最強にワケ分かんない相手との闘いを毎年行わねばならない。

大学生のとき、先生から「どんな農学研究者も篤農家には(かな)わない」という話を聞いた。 研究者がいかに技術を駆使しても、篤農家ほどの収量を上げることはことはできないそうだ。

実際、大学生のときに4年間イネの種子を播くところから稲刈りまで行ったが、回数で言うとたったの4回である。*7 囲碁や将棋をたった4回やっただけでは、絶対にプロにはなれない。 しかも対戦相手は「自然」という名の意地悪な巨人である。

農学実験で卒業論文を書こうと思う学生にとって、1年限りの一発勝負に挑むのは、けっこう勇気のいることだった。 研究室に所属し、同じ境遇の「仲間」がいなければ、とてもできないことだったと思う。

第4巻では、ゴスロリ少女(?)の秘密、沢木の特殊能力(菌を肉眼で見ることができる)と「仲間」など、人間関係に関するハナシ*8も混ざるのだが、……あ、いや、そういうストーリー展開が本筋だったかな?

(2006年12月23日読了)

もやしもん5

どうかと思ったが、「おまけ付き」の版を買った。 「おまけ」は Aspergillus oryzae のフィギュア付き携帯ストラップである。

ちなみに、『もやしもん』の中では「A.オリゼー」と表記されているが、正しくは「アスペルギルス・オリザエ」のハズだ。 学名はラテン語なので、ローマ字のごとく、ほとんど見たまま発音する。 oryzae は「オリゼー」ではなく「オリザエ」と読むのだ、と農大の学生だったときに習った*9

ちなみに(また「ちなみに」かよ)、Oryza ってのはイネの学名である。 普通食べているコメは、Oryza sativa、つまりイネ科イネ属の栽培種の種子だ。 宮沢賢治の『グスコーブドリの伝記』に「オリザの実」と記されているのは、じつはコメなのだってこと、知ってた?

それはさておき、今回は1年坊主の成長物語になってるね。 「除菌女」の及川は収穫祭*10を期に異様な頑張りを見せるし、沢木のほうは長谷川遼を追ってフランスへ旅立つ。 さて、物語のメインストリームがフランスと東京(農大と日吉酒店)に分かれちまったが、今後どういう展開を見せるのだろう?

(2007年6月22日読了)

もやしもん6

フランス編完結。 テーマはいくつかあって、それぞれ考えさせられる、というか笑わせられる内容だった。

例によって美里と川浜のコンビの作戦行動がナイスである*11。 いや、作戦が巧妙で素晴らしいとか、目を見張るアクションとかいうわけではなく、笑えるのである。 作戦が見事(?)成功し、追手のエージェント*12、じゃない長谷川の親の会社の人たちをまいた後に集合し、その人たちと一緒に笑い合っているところ(158ページ)が何とも平和である。

もちろん、ワイン蔵の話が中心だから、菌はたくさん出てくるし、沢木も(少しは)活躍 する。 樹教授の語りが少ないのが残念と言えば残念。 その代わり、ヒオチ(火落ち菌)が渋く語る(そういうキャラクターだったっけ?)。

(2008年2月23日読了)

もやしもん7

いよいよ発酵蔵で仕込み開始。 ……ということで、ひさびさに樹教授の語りや菌たちのミクロな合戦が復活。

その一方、大事件がなく、盛り上がりに欠ける感じもした。 及川葉月がリーダーとなって解明に努めた「地下通路の謎」も、老獪なヒトビトにはぐらかされた感じだし。

……そうか、なんか盛り上がらないと思ったら、川浜と美里があまり暴れていないのだ。 むしろ「いい人」振りを発揮しちゃったりしている。

それはさておき、味噌の仕込みで三日間泊り込み、なんていう状況は少々懐かしい。 味噌の仕込みをしたことはないが、種子の発芽準備が完了するまで、とか、窒素分析が終わるまで、とか、トマトの芽生えが曲がるまで、とか、その他いろいろな生物学的現象や化学分析の都合上、長〜い待ち時間は経験済みだ。

理系、とくに生物学系の学生にとっては「仕込んだ後の待ち時間」はお馴染みのハズ*13。 しかも、自分の都合ではなく相手(生き物)の都合に合わせなくてはならないので、「18時の次は21時、その次は24時」なんてスケジュールになったりするのだ。

長〜い待ち時間、となると、やっぱり飲んで待つしかない。 ……というわけで、冬の夜長の研究室では、実験台からホースを引いたガスストーブで煮干を焼いて、誰かが田舎から持ってきた酒を飲みつつ、乾燥機に入れた試料から水分が完全に飛んで、実験にとりかかれるまでの時間を潰したりした。 そうやっていると、他所の研究室から「いま、ウサギの血清の遠心分離やっててヒマだから飲ませろ」なんてヤツがやってきたりした。

いまも、そうやって夜通し研究室に居残る学生がいるのだろうなぁ。

もやしもん8

ビール編。

ビールとは何か?

ビールとはどのような発酵飲料か、ということだけでなく、地ビールの立場、大手ビールメーカーの(人気を維持するための)戦い、人々の生活におけるビールの役割とは……。

その問いに挑むのは、樹研究室のゼミ生、ミス農大の武藤葵。

例によって、主人公であるはずの沢木は主役を食われている。 沢木の特殊能力(菌が見えること)が生かされるのは、2回だけだ。 1回は世界初の天然マツタケの養殖に挑戦するため、マツタケ菌たちを説得することだった*14。 もう1回は、ネタバレになるので書かない。

表紙(カバー)の女性に見覚えがないので誰だろうと思ったら、新しいキャラクターだった。 地ビールを作っている加納はな、本編のもう一人の主人公である。

したがって、準主役の及川も川浜も美里も出番が少ない。 表1(カバーをはずしたところ)にメタリック印刷で描かれた女性たち……いちおう女性たちも見覚えないなぁ……と思って読んでいたら、5巻の収穫祭のときに登場していたのだった。 収穫祭といえば、唐揚げを「生きた材料から」作っていたメガネっ()も再登場。 UFO研の面々も出てきたし、端役のみんなの頑張ること。

たしかに一人一人の人間にとって、みんな自分が人生の主人公だからね。

(2009年7月23日読了)

沢木の所属学科は?

畜産学科が「牛まつり」を開催する、という話を読んでいて、ふと、沢木や及川の所属学科はどこなのか、ちと気になった。

たしか、第1巻か第2巻で醸造蔵を造ったとき、「醸造学科を始められそうな規模」と言っていたから、『もやしもん』の農大には醸造学科はないわけだ。

では、醸造以外に発酵を扱う学科は何か?

……農芸化学科かなぁ。農学科でも扱わないこともないな。 もっとも最近は、学科の名前も変わってたりするけどね。


*1 何だコリャ?/きのこ」で指摘したとおり、菌類だけでなく細菌やウイルスも見えるようなので、正確には「微生物が見える」と言うべきかも。「菌」という大雑把な言い方の中には、生物学的には、じつに多様な生物が含まれるのである。
*2 東京農大公式サイトhttp://www.nodai.ac.jp/
*3 人間ドックでバリウムと下剤を飲むたびに壊滅的打撃をこうむるのだけどね
*4 科学的逍遙日誌ウイルスは恐怖の対象か」参照
*5 Wikipedia のボツリヌス毒素参照
*6 26ページのVA菌とL.エドデス(シイタケ)の会話。
*7 卒論のテーマに選んだダイズの栽培は、たったの2回しかしていない。
*8 先輩の川浜と美里がじつにイイ奴等なのである。
*9 農芸化学科のOGは「オリゼー」、醸造学科のOBは「オリゼイ」と言ってたので、「オリゼー」でも良いようである。
*10 ついに出たか、収穫祭。農大の学園祭である。ワシは同好会のときも研究室のときも文化学術展の展示物の作成や説明をやっていたので、あまり模擬店の様子は知らないのだ(もちろん、ぐるっと見て回ることはしていたけどね)。学生会館で隣同士だった世界無銭旅行研究会は、毎年ブタの丸焼きをやってたなぁ。
*11 美里に言わせると「グッジョブや」という例のヤツである。
*12 ダークスーツにサングラスの男達。ちょっとばかり『ローマの休日』を思い出したりして。
*13 いや、別に理系学生でなくっても、スローフードづくりが好きな人なら経験済みかもね。
*14 マツタケ菌が「ウチなんて地元密着でやってる一兆も社員のいねェいわば零細よ」というのには笑えた。胞子体という一大建築物を作る建設業者だからね。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-08-24 (月) 23:20:00 (3584d)