ほとんど無害

原題
MOSTLY HARMLESS
著者
ダグラス・アダムス
翻訳者
安原和見
出版社
河出書房新社(河出文庫)

銀河ヒッチハイク・ガイド』シリーズ最終巻

この結末には驚いた。 はっきり言って、あまり好きな終わり方ではない。 まぁ、様々な伏線が収束するキッチリとした結末ではあるが、ちょいとペシミスティックに過ぎるように思った*1

ヴォゴン人の目的である「地球の破壊」は、地球の「占星術」の虜になったグレビュロン人(事故で頭が空っぽになってしまっている)によって、完遂されるのである。

この占星術が、この物語の一つのテーマとなっている*2。 「占星術はたんにひとつのものの見方にすぎない」と言ってのける、10番目の惑星が見つかって*3苦境に立たされたはずの占星術師の本、その本が10番目の惑星に飛来した「目的を忘れてしまった宇宙戦艦」の持ち主、グレビュロン人の頼りの綱となっていた……。 まぁ何とも皮肉な話である。

この本でいちばん笑えたのは、銀河文明においてあらゆる装置に付けられているという注意書きだ(172ページ)。

「故障の可能性があるものと、ぜったいに故障しないものとの大きな違いは、ぜったいに故障しないものが故障したときには、そばに近づくことも修理することもたいてい不可能だということです」

……これはしょっちゅう経験している。 サーバにしろネットワーク機器にしろ、滅多に故障しないと思われている機械が不調になったときには、修理しようとするより、交換しちゃうほうが解決が早いのだ。 このことは、同意してくれる人が多いものと思う*4

(以上、2008年5月に掲載)

2012年2月追記

2011年3月、東北地方太平洋沖地震に伴い、福島第一原子力発電所の1号機・2号機・3号機の炉心がメルトダウンした。

「ぜったい故障しない」はずの原子炉が故障し、本当に、そばに近づくことも修理することも不可能になってしまったのである。

東京電力や通商産業省や、その他あちこちに潜んでいるヴォゴン人には、大いに反省していただきたいと思うのだが、ヴォゴン人だからダメだろうなぁ。

銀河ヒッチハイク・ガイド』シリーズ


*1 さようなら、いままで魚をありがとう』が、ある意味ほのぼのとした物語だったので、落差が大きいように感じるのだ。
*2 メインテーマは多元宇宙論、つまり平行宇宙をめぐる冒険、親と子の関係、幸福論、その他もろもろ。
*3 1992年の作品であるから、冥王星が9番目の惑星であり、その外側の矮惑星はまだ見つかっていなかった。
*4 お金を払う側ではなく修理・管理を担当している側ならば、という条件付きだが。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-02-14 (火) 23:21:36 (2680d)