本/ジャージの二人


へんな判決

著者
のり・たまみ
出版社
ポプラ社

期待とは違ったが……

裁判官の爆笑お言葉集』のような内容を期待していたのだが、ちょっと違った。 はっきり言って、下ネタは必要ない。

期待と違って面白かったのが、巻末の「おバカでもわかる裁判員制度」である。 選ばれちゃったらどうしようと思ってしまう裁判員制度……。 どんな事情があれば辞退できるのか、選ばれたときブログに書いていい内容と悪い内容など、「役に立ちそうな」記述がある。

へんな判決、じゃなくて「へんな訴え」

【訴え】アメリカ・ミネソタ州(2005年)

マジシャンのカッパーフィールドは「神の力」を使っている。だから「神」である私に5億5000万円を支払え。

【判決】

裁判中の模様。

「自分は神である」と称する人による訴えである。

へーえ。「神の力」って、盗めるんだねぇ。

それに、神様もお金が必要なのだねぇ。知らなかったなぁ。

【訴え】アメリカ・ネブラスカ州(2007年)

すべて災いは神様の責任である。災いをなくすように裁判所から神様に命じてほしい。

【判決】

被告である神様が出廷できないので、裁判を開けず。

冗談ではなく、「神の存在を信じているし、神が全知全能だということ」と認めている人による訴えだそうだ。

でも神様が出てこないのでは、仕方ないね。 『銀河ヒッチハイク・ガイド』シリーズの『さようなら、いままで魚をありがとう』に出てくる造物主のように、被造物に対する具体的な(物理的な)、責任ある(?)メッセージの一つくらいあってもよさそうなものなのに。

でも一方、神様の代理として合理性を欠いた訴えをしたい人もいて、困ったもんだと思う。

【訴え】アメリカ・テネシー州(1925年)

学校で「進化論」を教えてはならない。

【判決】

有罪と認め、罰金刑に処す。

ねぇ神様、いるなら出てきて、白黒はっきりさせてもらえませんかね?


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-08-31 (日) 15:22:36 (4007d)