なぜ人はエイリアンに誘拐されたと思うのか

著者
スーザン・A・クランシー
翻訳者
林雅代
出版社
早川書房(ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

寝ている間に現れるエイリアンの正体は……

……睡眠麻痺である。 いわゆる「金縛り」だ。 ワシにも経験がある。

目が覚めているのに、体が動かない。 胸の上に誰かが乗っているように重く、息苦しい。 叫ぼうとしても声が出ず、視野の隅に得体の知れないものがいるような気がする……。

……ということで、日本ではせいぜい妖怪や悪い霊の仕業で済まされることが、アメリカではアブダクション、エイリアンによって誘拐された経験になってしまうのだ。

ちなみに睡眠麻痺は「頭は起きているのに体が寝ている状態」の時に起こる現象で、病気でも何でもない。 もちろん、妖怪や悪霊やエイリアンは関係ない。

眠っているあいだは、ある神経メカニズムが、脳から体のほかの部分への信号をさえぎっているので、基本的には麻痺している。 これは大切なことで、そうしないと夢を見ているときに転げまわったりしゃべったり殴りかかったりするだろう。

だが、睡眠周期が重なると、睡眠麻痺が終わる前に“目を覚ます”ことがある。 そうすると、わたしたちは動くことができない。 それに、もし夢を見ているあいだに目を覚ませば、夢の内容が目覚めている状態のときまで残るかもしれない。 映像や音や肉体的な衝撃を、幻覚として体験することもあるだろう。 現実のように思えるが、実際は夢の産物なのである。 (58ページ)

このメカニズムは大変興味深い。 自分の体は動かさずに、ロボットを神経信号で遠隔操作する場合などに役立ちそうだ。

……それはともかく、夢を見て暴れる人たちは、睡眠麻痺の逆で、「頭は寝ているのに体が起きている状態」なわけだ(子供はたいていそうだが)。 迷惑至極である(ワシもかつて周囲の大人たちに迷惑をかけたのだろう。ごめんなさい)。

偽りの記憶をつくりやすい人々

睡眠麻痺などによる不気味な体験が、エイリアンによる誘拐や人体実験に化けてしまう原因は、催眠のようだ。 失われた記憶を「再生」すると称する催眠術によって、偽りの記憶が「生成」してしまうのだ。 これは、著者が大学院生時代に行った研究とも重なる。 その研究とは、「子供時代に性的虐待を受けたという人の記憶はホンモノか」というものだ。 どちらの場合も、催眠療法を行うセラピストの誘導によって、偽りの記憶を作り出してしまうのである。

そして、「アブダクティー」は偽りの記憶を生み出しやすい人々のようだ。 病的な嘘つきだとか、精神病患者というわけではない。 実際に起こったことと、本で読んだこと、映画やTVで見たこととの区別があいまいになってしまう傾向があるだけだ。

誰しも、自分が「見た」と記憶している風景が、突き詰めて考えてみると写真集や映画で見たものではないと断言できなくなるような経験があるのではないだろうか?  記憶とは、じつは当てにならないものなのだ。

きわめて重要なのは、わたしたちが記憶を呼び覚ますとき、脳が構築作業をするという点だ。 脳には、体験の“メモリーチップ”が組み込まれているわけではなく、体験したことを思い出そうとすると、再構築の作業がはじまるのだ。 記憶のまったく別々な面を保存している脳の各部分がいっしょに働くので、この再構築から生まれるもの――記憶――は、実際に起きたこととおなじではない。 記憶は、出来事をそのまま写した写真ではなく、記憶を引き出せという合図と、合図を受ける前から保存されていた体験の記憶の断片からつくられるものなのだ。 (103ページ)

アブダクションと信仰

アブダクティーの研究から見えてきたいちばんのポイントは、わたしたちの多くは神のような存在とのコンタクトを求めていて、エイリアンは、科学と宗教との矛盾に折り合いをつける方法なのだということだ。 わたしは、ユングの「地球外生物は科学技術の天使である」という言葉に賛成する。

アブダクションを信じることによって得られるものは、世界じゅうの多くの人たちが宗教から得ているものとおなじであるのは明らかだ。 人生の意義、安心、神の啓示、精神性、新しい自分。 正直言って、わたしもいくらかほしいと思うものもある。 アブダクションの信奉は、事実ではなく信仰にもとづいた宗教の教義のひとつだと考えることができそうだ。(222ページ)

……といった事実に耐え切れず、外部(自分の外側)に救いを求めた結果、宗教やUFOを発見するわけなのだろうか。

まぁ、ワシはその事実がちっとも恐ろしく情けないことではなく、意義深いことであると思っているから、宗教やUFOには救いを求めないのである。


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-09-14 (木) 22:17:53 (4721d)