しゃばけ

著者
畠中恵
出版社
新潮社(新潮文庫)

ぬしさまへ

「大江戸人情捕物帖」などと帯に書いてあったりするが、時代小説ではない。 ミステリーだが、ファンタジーである。 ただのファンタジーはなかなか読む気が起きないのだが、ミステリーとなれば別だ。

主人公である江戸の大店「長崎屋」の若だんなは、なぜか身辺に出没する妖怪を見ることができる。 この若だんなが病弱で、しょっちゅう寝込むのだが(解説に史上最弱の探偵とあった)、その若だんなを心配し、サポートする二人の手代も、じつは妖怪だったりする。 寝込んだ若だんなが離れの布団の中で推理したりするのだから、アームチェア・デテクティブ(armchair detective:安楽椅子探偵)より凄いかも。 捜査にあたるのは、ベーカーストリート不正規軍(Baker Street Irregulars :ホームズの捜査を助ける浮浪児集団)も真っ青の、妖怪たちである。

だが、その妖怪たちが皆、コミカルでカワイイのである(カミさん談)。 読んでいて緊迫感がまるでない。 そのあたりが、同じく妖怪の出没する江戸ものシリーズである、宮部みゆきの『震える岩―霊験お初捕物控』(講談社文庫)などとは大きく異なるところだ。 おどろおどろしさのない妖怪については好みが分かれるところだろうが、まぁ、気を抜いて気楽に読めてよいのではないかと思う。

気が抜けるといえば、公式サイト「しゃばけ倶楽部」も脱力感に満ちている(ヘンな表現だなぁ)。

初出:科学的逍遙日誌


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-07-22 (土) 20:24:57 (4720d)