さようなら、いままで魚をありがとう

原題
SO LONG, AND THANKS FOR ALL THE FISH
著者
ダグラス・アダムス
翻訳者
安原和見
出版社
河出書房新社(河出文庫)

銀河ヒッチハイク・ガイド』シリーズ四作目

ゼイフォードもトリリアンも出てこない。 もちろん、スラーティバートファーストも、その他、これまでのシリーズに出てきたキーマンと思しき人たちも出てこない。

ヴォゴン人に破壊されたはずの地球に帰ってきたアーサーと、まったく別ルートでやってきたフォードが再会し、再び宇宙に旅立つ、という話だ*1。 アーサーは一人で帰ってきたが、旅立つときは伴侶と一緒である。 『さようなら、いままで魚をありがとう』は、ラブ・ストーリーでもあるのだ。

そんな内容だから、これまでのシリーズとはちょっと雰囲気が違う。 なんと憂鬱なロボット、マーヴィンが安楽を得るのだ。

小ネタがいっぱい

……等々。

イルカからのメッセージは、(ちょっと違うが)映画『銀河ヒッチハイク・ガイド』冒頭のミュージカル(?)につながっている。 地球で2番目に賢い動物から、3番目に賢い動物へのメッセージ。

ところで、エピローグにはどんな意味があるのだろうか。 おそらく、何もない。 しかし、最後の最後でえらく笑わされてしまった*2。 出張中の新幹線の中だったので、声を出さないようにするのが辛かった。

この物語にはおちがあったのだが、いまちょっと度忘れしてしまった。

銀河ヒッチハイク・ガイド』シリーズ


*1 もちろん、端折り過ぎである。
*2 半分開いた窓の開いているほうから出入りできるスーパーハエとか、泣きわめく子供のオフスイッチとか。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-05-13 (火) 21:20:08 (4055d)