うまくいくイヌのしつけの科学

著者
西川文二
出版社
ソフトバンク クリエイティブ(サイエンス・アイ新書)

学習心理学、脳科学、行動学から考える正しいイヌとのふれあい方

……という副題が示すとおり、旧来の訓練やしつけ方法ではなく、イヌも飼い主も不幸にしないイヌの飼い方の本。

さまざまな実用書に見られる飼い方やしつけの矛盾を、「科学的に正しい」かどうかという視点から解消することを目指している。

実験などにより実証されているか、統計学的に裏付けがあるか、心理学的・行動学的に無理なく説明できるか。

そういえば「アルファ・シンドローム」仮説なんて、けっこう無理があるよねぇ。 ウチのこんは散歩に行くときには先頭を切って出て行きたがるが、家族の言うことを聞くから、アルファ(リーダー)でなくちゃ、と頑張っているふうではないし。

しつけと訓練の違い

本書ではQ&A形式でイヌの行動やしつけ方についての情報を検証している。 その中で、「しつけ」と「訓練」の違いについて触れられている。

「訓練」には集中や緊張が求められ、正確かつ効率的に命令に従うことが要求される。

それに対し、「しつけ」はリラックスした日常の中で好ましくない行動を抑制することだそうだ。

確かに、訓練された職業犬やスポーツ・ドッグを見てすごいなぁと思うものの、自分の飼い犬にはその能力を期待しはしない。 とは言え、「マテ」と言ったら待つ、「コイ」と言ったら戻ってくる程度のことは、できるようにしたいねぇ。

さて、こんのしつけは……

ウチのこんは、人ごみや花火にビビッて散歩に行けないし、リードはひっぱるし、よそのイヌとけんかになっちゃうし、……というダメイヌである。 まぁ、初めて飼ったイヌであるから、しつけ方がよくわからなかったこともあるが、やはりこん自身の性格もあるように思う。

恐怖や興奮の状態からのクールダウンを、もっとうまくできるようになれば良いのだろうけどね……。 散歩中などの興奮状態のとき、ささみジャーキーを鼻先でヒラヒラさせても、見向きもしない。 うーむ。どうすりゃ良いのだろう。


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-08-31 (月) 00:01:48 (3578d)