あの戦争は何だったのか―大人のための歴史教科書

著者
保坂正康
出版社
新潮社(新潮新書)

105ページより

 私は、この戦争が決定的に愚かだったと思う、大きな一つの理由がある。それは、「この戦争はいつ終わりにするのか」をまるで考えていなかったことだ。

 当たり前のことであるが、戦争を始めるからには「勝利」という目標を前提にしなければならない。その「勝利」が何なのか想定していないのだ。

「この戦争」とは、太平洋戦争のことである。

ついでに120ページ〜121ページより。

 一般の国民には、ほとんど正しい戦況は知らされていなかった。「軍政」に携わる将校とて、100パーセント正確な戦況は伝えられていなかった。知る立場にあった唯一の者たちは、「大本営作戦部」のエリート参謀たちだけである。

 しかし、その大本営は、自分たちに都合の悪い戦況を隠すことのみに汲々とし、決して自己省察などしようとしなかった。「戦争の目的は?」と聞かれれば、「自存自衛のため」などときれいごとを述べているだけであった。

「郵政民営化に賛成か反対か、それを問う選挙です」なんていうすり替えにも似た香りがしますな。*1

いったいこの国の指導者(を自認する人たち)は、ワシら国民をどこへ連れて行こうとしているのだろうか?

決して、ノセラレまいぞ。

初出:科学的逍遙日誌読書中気になったコトなど


*1 元の記事は、2005年9月に書いたものである。その後、国政はヘンになるばかり。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-02-01 (木) 21:59:26 (4519d)