Q&A

著者
恩田陸
出版社
幻冬舎文庫

問いと答だけで構成された小説

郊外のショッピングセンターで発生した事故。 ニュースでの第一報は火災だったが、その後、有毒ガスによるテロが疑われるものの、本当の原因は不明……。 にもかかわらず、パニックにより多数の圧死者や負傷者が出てしまった。

事故調査の聞き取り、マスコミの取材、友人との会話、精神科医の問診、タクシーの運転手とのやりとり……。 そうした「問い」と「答え」だけで物語は構成されている。

そのとき何があったか、についてはQ&Aが進むにつれて明らかになるが、「なぜ人々がパニックに陥ったのか」という原因については、最後まで判らない。

「問い」と「答え」を通して、日常生活に潜む不安や秘密、隠しておきたい思惑が明らかになったりする。 これは「事故」ではなく、そうした不安を抱えた人々の行動を調べるための「実験」だったのか?

ミステリではなくホラーSF?

……最初のうちは宮部みゆきの『理由』のようなドキュメンタリータッチのミステリ小説なのかと思っていたが、読んでいる途中で違うな、と気付いた。 むしろ、SF(ハードSFじゃなくてホラーSF)に近い作品だと思う。

結末(と言ってよいのかどうか判らないが、ともかく物語の最後)はディックめいているように思った。

ちょいと考えてしまったのは、「リアリティ」について。 まったくの作り話、ファンタジーよりも、我々の周りの現実のほうがリアリティを欠き、冗談めいているのかも知れない。

ふうん、なるほどね。世界は陰謀で動いている、か。
「冗談ですよ、冗談。真に受けないでくださいよ」
分かってるよ。だけど、意外と世の中、冗談みたいなことが本当だったりするんだよね。ニュースとか見てると、信じられないようなことが起きてるじゃない。バケツでウラン、とかさ。使わない道路造っちゃうとかさ。 (309ページ)


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-05-27 (日) 18:07:56 (4499d)