「想定外」の罠 大震災と原発

著者
柳田邦男
出版社
文芸春秋社(文春文庫)

大震災と原発だけ、ではない

柳田さんが政府事故調の報告書ではツッコミ切れなかったことを書いた本、ではない。

ヒロシマからフクシマまで、その間のスリーマイル島原発事故、チェルノブイリ原発事故、JCOの臨界事故、阪神淡路大震災等、事故や災害に潜む「想定外」について、過去の著作をまとめたものである。

東日本大震災については、いずれ『核と災害 2011.3.11』という著作にまとめられるはずである。

本書からの引用とコメント

事故や災害についてのノンフィクション作家である著者は、「想定外」を言い訳にするな、と憤る。

p.48

「想定外」とは何であるか。結局、それ以上のことはないことにしようとか、考えないことにしようという思考様式に、免罪符を与えるキーワードではないか。これが私の結論です。

原子力発電のような巨大な技術は、細分化された複数の専門領域から成る。 専門領域以外に思い至らなくなった「人」や「組織」は、災害に対応できないだけでなく、事故を生む原因となるのではなかろうか。

p.160

専門化された事業や作業現場には、次の三つの傾向がつきまとう。

(1)指導的な技術者は自らの知識と技術に自負心を抱き、素人に何がわかるか、俺たちにまかせろ、という排他的な意識を持ちがちになる。(一九九五年の高速増殖炉原型炉「もんじゅ」のナトリウム漏出事故で、当時の動燃幹部が事故現場を記録したビデオを、「素人にわかるか」と隠した事件はその象徴的なものだ。)

(2)企業秘密という隠れ蓑。

(3)公共性より自己防衛・組織防衛の意識が優先する価値観になっている。(事業体が虚偽の報告をする事件の何と多いことか。ジェー・シー・オー東海事業所では、違法な作業計画を検討した社内用議事録の他に、科学技術庁の立ち入り調査に備えて、違法な操業に関する部分を削除した社外用議事録を作成していた。まさに“二重帳簿”だ。)」

「専門家」とは何なのか。ワシもいろいろ考えて、2011年5月にブログに「専門家の責任と限界」という記事を書いた。 やはり柳田さんも似たようなことを書いている。

p.205

私は、いわゆる「専門家」には二種類のタイプがあると思っている。一つは、災害の現場に足を運び、本当の災害とは何かという本質を見て議論する「専門家」、いま一つは、行政機構や企業、組織の自己防衛のために、ある種の枠組みの中でだけ議論する「専門家」である。われわれは、専門家と称する人物が安全を保証したり、危険を指摘したりするとき、相手がどちらの範疇に属する人なのかをよくよく嗅ぎ分けて聞く必要があるだろう。

やはり、本当の意味ので専門家は、現場を最大の教科書として、学び続ける人であろう。法律や規則や役所が作った災害対策の中には真実はない。その意味では、記者や、ジャーナリストが災害地に取材に入って直感的に感じる素朴な危機感のほうが、むしろ正しい場合が多いように思える。

東日本大震災の報道映像を見るたびに、「そこに居た人」のことを思う。 死者・行方不明者2万人という数字より、津波に巻き込まれた人、放射性降下物から逃れるバスの中で亡くなった老人、牛舎で首をくくった人を考えるときのほうが胸に重い。

それはなぜだろうと思っていたのだが、そういう視点こそが重要なのだ。

p.328

私は、震災(阪神・淡路大震災)直後にビートたけしがいった言葉を、よく頭に思い浮かべる。

〈マスコミは五〇〇〇人死んだ災害が起きたといって騒いでいるが、そうじゃない。一人死んだ災害が五〇〇〇件同時に起きたんだ〉と。(注、震災直後には死者数は五〇〇〇人以上と発表されていた。最終的な死者数は六四三四人に達した。)

これは重要な警句であり視点だと、私は考えている。死者を総数で統計的にとらえようとすると、災害の全体規模を歴史年表に記録するような意味で明確化することはできても、災害のなかで死んでいった一人ひとりの事実のディテールは、とたんに見えなくなってしまう。しかし、問題の本質を考えるには、一人ひとりがどのようにして死んでいったのかというディテールこそが重要なはずだ。それは、死者だけの問題ではない。災害で生き残った被災者が受けた被害のすべてに共通する問題であろう。


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-03-28 (金) 23:06:15 (1910d)