「心理テスト」はウソでした。受けたみんなが馬鹿を見た

著者
村上宣寛
出版社
日経BP社

心理測定の専門家が暴く「心理テスト」のウソ

本書でウソが暴かれる「心理テスト」の数々は……。

血液型人間学は非科学的なので、まぁウソだと言われて当然だと思ったが、YGテストやクレペリンもウソだとは!  学校での就職適正テストや就職試験のとき、学校や会社はお金を払って業者からテストを買っている。 結局は開発した研究者と売った業者の金儲けのためのテストだったのか?

血液型人間学

よく知られているように、血液型人間学の信者は、統計学を知らない。 サンプリングの重要性とか、異常値の扱いとか、ノンパラメトリック法とか、大学の教養で習う程度の統計学をご存じないようだ。

ひょっとすると、科学的な考え方というものもご存じない。 いかに自分のお気に入りの仮説であれ、まず疑ってかかり*1、他の要因(血液型以外の要因)の影響がないかどうか、検証する必要があるのだが。

それはさておき、次の項目にあてはまる血液型は何でしょう?(14ページより)

じつは、どの血液型でも7割を超える人が肯定した質問項目である。 つまり、血液型による性格分類には役に立たない質問項目だが、血液型人間学には、こういう誰にでも当てはまる表現が多いそうだ。

このような、「誰にでも当てはまるような一般的な性格的記述を、自分だけに当てはまるとみなしてしまう現象」を、バーナム効果 という。

それにもかかわらず、マスコミは相変わらず血液型と性格に関連があるかのようなTV番組を作ったり、本を出版したりしている。 今はどうだか知らないが、血液型で人事をやる会社もあるそうだ(41ページ)。 まったく、無知と妄信の害は底知れない。*2

バーナム効果

バーナムは19世紀アメリカの興業師である。人をかつぐ見世物師である。人をだます名人だったという。バーナムの有名なセリフに「おめでたい奴はどんどん生まれてくる」というものがあるだそうだ(56ページ)。

バーナム効果*3は、万能心理テストである。 インチキな情報を信じてしまうのは人の心理的な機構による(以下の項目は57ページより引用)。

この項目をよく見ると、占いとかヒーリングとかが「当たる」のは、バーナム効果によるものであることがよくわかる。*4

ロールシャッハ・テスト

1984年の日本心理臨床学会のシンポジウム(94〜116ページ)での模擬分析が面白い、というか恐ろしい。 分析・解釈したのが女性の研究者ばかりだからというわけではなかろうが、インクのしみが「こけし」や「ツルの首」に見えるというと、男根の表象とみなされたりする。

インクのシミが明らかにするのは、唯一、それらを解釈する検査者の秘められた世界である。これらの先生方は被験者のことよりも自分自身のことをたぶん多く語っている。(113ページ)

要するに、解釈の基準が検査者の主観で左右されるので、夢判断と大差ない、ということだ。

矢田部ギルフォード性格検査(YGテスト)

看護学生の大半がブラックリスト型になり、教員採用試験では大半がディレクター型になってしまうYGテスト。 意見をはっきり言う積極的な人は反抗的なブラックリスト型、就職試験だから合格できるようにと取り組むと優等生的・管理職的なディレクター型にと解釈されてしまう。

これは、そもそも質問項目から得られる尺度の解釈が妥当でないことによるものらしい。 YGテストでは次の12の尺度の得点から性格の類型解釈を行う(150ページ)。

ところが、これらの性格特性の妥当性を検証すると、12のグループではなく、次の3グループになったそうだ(172ページ)。

つまり、12の性格特性の尺度に妥当性はなく、「12のグループに分けられる」ことを前提に組み立てられた類型化仮説を用いたYGテストは無意味である、ということだ。 ちなみに、現代心理学では、基本的な性格の次元を次の五つとするビッグ・ファイブ仮説が広く認められているそうだ(174ページ)。*5

もちろん、これも仮説だからして、いずれひっくり返されるかも知れない。

内田クレペリン検査

延々と一桁の足し算をさせられるクレペリン検査。 そういえば、何度か受けさせられたことがあるが、苦痛であった。

ワシは同じことを反復するのが嫌いで、ちょっとした集計にも Excel(表計算ソフト)を使ってしまうし、文章の修正も正規表現を用いた置換*6やマクロで何とかならないか、と考えてしまう。 たぶん、クレペリン検査の結果は「よくない」ものだったと思う。

作業曲線(一定時間内に処理した件数を時系列で表したもの)が大きく落ち込んだり、激しく動揺したりすると、非定型パタン、つまり「普通でない」と判定されてしまうのである。 その判定は正しいのだろうか?  問題は、その根拠と妥当性である。

どうも、判定の根拠は(ダメな心理テストの共通項と言えるが)主観的なものらしい。 そして、妥当性も危ういようだ。

心理テストは当たらないといけない。当たらない心理テストは占いと同じである。また、当たってもバーナムと同じように誰にでも当てはまるテストは使い物にならない。つまり、テストはターゲットにしっかり当たること、そして、外れたときは外れたとわかることが大事である。(210ページ)

……ということでクレペリン検査の信頼性を検証すると、当たるのは「作業量」についてのみだそうだ。 つまり、クレペリン検査は足し算の能力検査としては使えるらしい。

さて、あなたの会社は、足し算の能力検査に毎年いくら使っていますか?  ワシなら、Excel の研修にお金を使ったほうがよいと思うけどね。


*1 統計的検定において、検証したい仮説を「帰無仮説」という。有意差が認められなければ、無に帰する仮説なのである。
*2 「科学的」なふうを装っているので、人種差別より悪いかも知れない。
*3 またの名をフォア効果、主観的妥当化効果、個人的妥当化効果、確証バイアスという。
*4 なんとか座とかなんとか星人とか方角とか、それらを入れ替えてしまってもかなり「当たる」はずである。
*5 ちなみに、この五つの次元は、広辞苑から性格表現言語934語を収集し、大学生に553語で自己評価させ、317語で因子分析した結果だそうだ。心理学は因子分析のような数学的手法を必要とする理系的な側面を持つが、広辞苑をサンプルに使うあたりを見ると、やっぱり文系的なのかな?
*6 「科学的逍.」とか「科学的逍[遙遥]」で検索して、「科学的逍遥」なんてふうに間違えているところを「科学的逍遙」に一括置換するとか。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-09-14 (日) 23:21:35 (4084d)