「コレステロール常識」ウソ・ホント

著者
田中秀一
出版社
講談社(ブルーバックス)

横浜への出張の行き帰りの新幹線の中で、田中秀一著『「コレステロール常識」ウソ・ホント』(講談社ブルーバックス)を読んだ。 う〜む。 人間ドックの結果、毎回コレステロール値が高いと脅かされるワシとしては、考えさせられる内容だった。

これまで、動脈硬化の危険度、それも欧米人(の食生活)を基準に作られた指針に基づいて、「コレステロール値が高すぎます」と言われてきたわけだ。 もともと穀物食・魚食文化の日本人(人種や国籍ではなく、食生活が日本的な人)にとっては、コレステロールが高めのほうが、脳卒中やガンにかかる危険が少ないという。 脳内のコレステロールが少なくなると、神経伝達物質セロトニンの受容体の働きが悪くなったりするそうだ。 ……そういえば、ここ数年で唯一、総コレステロール値が標準範囲内だったときは、精神的に不調だったときに重なっている……。

肉や卵を控え、バターをマーガリンに替え、酒のつまみもスルメからコンブやチーカマに替え……といった努力は何だったのか? むおぉ〜っ、これからは、(あんまり)気にせず食いたいものを食ってやる!

……とはいっても、HDL(いわゆる善玉コレステロール)の値が低いのは気になる。 もっと魚を食べ、もっと散歩するようにしよう。

【蛇足】
どんな本であれ、まるごと信用してよい、という本は「ない」が、統計的検定の有意性に言及するなど、この本は信頼がおけそうだ。 しかし一箇所、どうにも承服しかねる点があった(どんな本にも、「必ず」欠陥がある)。 99ページ、女性はエストロゲンの働きにより心筋梗塞などの病気をほとんどしない、という点についての医師のコメント。 「(前略)人類が生き残るため、次の世代を産む女性を守るよう、神がそのように配剤したのかもしれない」 もちろん、この考え方は「逆」である。 心筋梗塞などの病気をほとんどしない女性が生き残り、次の世代を産んできたのだ。 妊娠中の女性は(つわりを除けば)お肌もつるつるで生理不順に悩まされることもない。 ……といって、のべつまくなしに妊娠していると、カルシウムを子供に奪われて歯も骨もボロボロになる。 神は子供をたくさん産む女性を愛し、そして使い捨てにするのだ。 ……神なんか持ち出さないほうがよいと思うぞ。

初出:科学的逍遙日誌


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-07-23 (日) 00:04:04 (4809d)