(とど)めの法則

「主人公は (とど)めを刺されない」という法則。

ありとあらゆる映画、アニメ、小説において、悪役が主人公の命を狙い、窮地に陥れたとき、なぜか止めを刺さずに去ってしまう。

「ふっふっふ、奴はもう助かるまい。あとは(手下|怪物|重力|運命)に任せておこう」

ってな具合で放置された主人公は、なんとか窮地を脱して、悪役を討つのだ。

スター・ウォーズ エピソード3』参照。


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-12-24 (金) 23:43:12 (3191d)