ロボット工学の三原則

第一条
ロボットは人間に危害を加えてはならない。また、その危険を看過することによって、人間に危害を加えてはならない。
第二条
ロボットは人間にあたえられた命令に服従しなければならない。ただし、あたえられた命令が、第一条に反する場合は、この限りではない。
第三条
ロボットは、前掲第一条および第二条に反するおそれのないかぎり、自己を守らなければならない。
――ロボット工学ハンドブック、
第56版、西暦2058年
『われはロボット』小尾芙佐訳(ハヤカワ文庫SF)

アイザック・アシモフ

ロボット工学の三原則の産みの親は、SF作家であり科学者であるアイザック・アシモフである(厳密に言えば、編集者ジョン・キャンベル・ジュニアとの共同作業から産まれたそうだ)。 ロボット工学の三原則により、アシモフ以前のロボットSFにありがちだったフランケンシュタイン・コンプレックスの支配から脱することができた、と言えるだろう。

ロボット工学の三原則と陽電子頭脳

短編集『われはロボット』に収められた短編「堂々めぐり」などで語られているように、三原則はロボットの陽電子頭脳に「ハードウェア的に書き込まれている」らしい。 つまり、ロボットの陽電子頭脳はPCのCPUとは違うのである。 インテルのCPUなら、OSを入れ替えて Windowsマシンにも、Macintoshにも、Linuxサーバにもなる。 PCはテレビにも、兵器にもなる。 しかし、アシモフのロボットは三原則に反するようにプログラムして兵器にすることはできない、という設定なのだ。

映画『アイ,ロボット』では、人間に危害を加えることができないはずのロボットによる殺人事件とロボットの反乱が描かれる。 ……いったいどうして、ロボットが三原則に反する行動をとることができたのか?  ……ということが、この映画のメインテーマなのだが、そこのところが判らなくて、イマイチ楽しめなかった人も多かったのではないだろうか。

アシモフのロボットSFシリーズをこれから読むという人は、以下ネタバレになるのでご注意いただきたい。

第0条問題

二十世紀も末に近くなったころ、アシモフは「第0条(第零原則)」に言及する。 第0条問題とは、ロボットにとって三原則に優先する事項があるのではないか、ということである。

ダニールが言った。「(中略)われわれは人間の定義を、ホモ・サピエンスという種全体と考えます、ということは、地球人もセツラー(引用者注:植民者)も含んでいるわけですね。 したがって集団としての人間に関する危害、人類全体に対する危害を阻止することは、特定の個人に対する危害の阻止に優先すると考えるのです」

マンダマスは喘ぎながら言った。「第一法則はそんなことは言っていない」

「これは私が第零法則と呼んでいるものであり、こちらが優先権をもちます」

ロボットと帝国(下)』p.324-325 小尾芙佐訳(ハヤカワ文庫SF)

第0条(第零法則)を優先するため、第二条に反して人間に反抗する、というのが『アイ,ロボット』の陽電子コンピュータ Viki の反乱であり、Viki にコントロールされたヒューマノイド・ロボット NS-5 の暴動である。 だから、Viki が破壊されたとき、NS-5 がすぐに正気に(つまり従順なロボットに)戻ったのだろう。 強制的に無線で注入されていた第0条のコマンドが切れたから、と考えればよかろう。

「人間」とは何か

もうひとつ、ロボット工学の三原則には重大な欠陥、というか問題点がある。 それは、「人間」をどのように定義するか、という点である。 これについては『プルートゥ』にちょっと書いた。


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-08-03 (木) 15:18:49 (4701d)