ピーターの法則

教育学者ローレンス・J.ピーター(Laurence J. Peter)による社会学の法則。

  1. 人は組織の中で、能力の限界まで出世する。この段階を無能レベルという。
  2. 無能レベルまで昇進すると、そこで出世は止まる。有能な平社員は無能な係長に、有能な係長は無能な課長に、有能な課長は無能な部長になり、無能レベルに落ち着く。
  3. したがって、ある程度の時間が経過すると、組織のあらゆる階層は無能レベルに達した人が占めるようになる。
  4. その組織の仕事は、無能レベルに達していない人によって行われる。

ちなみに、ワシの無能レベルは「主任」である。 2011年春、役職定年制度によって平(ヒラ)に戻ったので、再び有能な人になった……はずである。


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-07-06 (水) 21:58:50 (2903d)