クラークの法則

クラークの第1法則

アーサー・C・クラークの『未来のプロフィル?』に記されている科学に関する法則。

著名な年輩者の科学者が、かくかくしかじかのことは可能であるといったならば、ほとんどの場合それは正しい。だが、これこれのことは不可能であるといった場合は、誤りであることが非常に多い。

When a distinguished but elderly scientist states that something is possible, he is almost certainly right. When he states that something is impossible, he is vety probably wrong.

クラークの第2法則

可能性の限界を知る唯一の方法は、可能の域を超え、不可能の領域まで入ってみることだ。

The only way to discover the limits of the possible is to go beyond them into the impossible.

クラークの第3法則

十分に発達した科学技術は、魔法と見分けがつかない。

Any sufficiently advanced technology is indistinguishable from magic.


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-11-29 (日) 00:46:29 (3612d)