アップデートの法則

解説

マニュアルを頭から読み進めながら作業してはいけない。

最初にざっと読んで、作業の順序を組み立てておく。 マニュアルには、余分なことが書いてあったり、分岐がわかりにくかったりするからだ。

ワシも、マニュアルの冒頭から順に読みながら作業していて、途中で「この手順ではダメだ!」と気付いたことがある。 第1章ではなく、第2章から始めなくてはならなかったのだ。

もっとも、頭から読み始めても、適切に分岐して何も問題なく使えるマニュアルが良いマニュアルであるのだが……。

ファイル名が長くて途中が見えないなら、全部表示して確認しなくてはいけない。

「201403ほにゃららインストール用アップデータ.exe」とか「201403ほげほげ更新処理用アップデータ.exe」とかいったファイル名を、親切にというかいらぬお節介というか、「201403ほ...プデータ.exe」と「201403ほ...プデータ.exe」というように、略して表示してくれるファイルシステムがある。

親切そうな、グラフィカルなインターフェースには要注意である。

ヒトは、省略されていたり紛らわしかったりすると、自分が思ったとおりに読んでしまうものだ(認知バイアス)。

だからインターフェースも自分も疑って、ファイル名はプロパティを見て確認しなくてはならない。

2台以上にアップデートを適用するなら、流れ作業してはいけない。

つい、作業時間を短縮しようとして、複数のPCを順に起動し、アップデータをダウンロードし、アップデートを適用し……とやってしまう。 しかし、その作業手順が間違っていたら……複数台に被害が及ぶ。 作業をやり直すだけでも、時間が無駄になる。

まず1台やってみて、問題なく完了することを確認してから、2代目以降にかかるべきである。


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-03-04 (火) 22:52:35 (2028d)