変態

生物学的には、成長の段階で形態が変化すること。 日本語の「変態」は異常な性的嗜好の持ち主の意味で使われたりするので、英語の metamorphosis (メタモルフォーシス)やドイツ語の Metamorphose (メタモルフォーゼ)を使ったほうが、人前で話しやすいかも。

カエルの変態

カエルの変態などは感覚としてわかりやすいのだが、昆虫となると、ちょっと複雑な気分だ*1

完全変態するチョウなどは、幼虫から成虫への間に、(さなぎ)の過程を経る。 その蛹の間に、幼虫の体組織はドロドロに溶かされて、成虫の組織に組み替えられる。 というか、幼虫の体は成虫の「芽」が育つための栄養分とされるのだ。 ……そこで疑問に思うのは、幼虫の神経組織も溶かされてしまうのだろうか、ということだ。 もしも成虫の神経組織が新たに作られるのだとしたら、当然、幼虫の時の記憶は消滅しているだろう*2

ポケモンのピカチュウがライチュウに変態*3するとき、完全変態するとしたら……。 ライチュウになった元ピカチュウは、サトシ少年のことなど、きれいサッパリ忘れてしまっているだろう。 そりゃあまぁ、サトシはピカチュウがライチュウになったらイヤだろうねぇ。

参考

元祖【科学的逍遙


*1 もちろん、そもそも昆虫に感情移入しようというほうが間違っている。
*2 そもそも、昆虫の記憶が生涯にわたって保持されるものなのか、という疑問もあるけどね。不完全変態する昆虫は、どうなのだろう? トンボはヤゴのときの記憶があるのか? セミは数年間におよぶ地下生活の記憶があるのか?
*3 ピカチュウがライチュウになるのは進化ではない。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-01-01 (火) 23:44:26 (4309d)