不得手語

ここでの不得手とは、下手糞という意味ではなく、苦手、好きでない、という意味である。 どうも、見たり聞いたりしたときにムカついてたり、落ち着かなくなったりする言葉があるのだ*1

暈(うん):こういうモノを見たとき「生かされている証」などと思っちゃいけないのである。「いやぁ、すごいモノ見たなぁ。生きてて良かった」と思うほうが健全だよね。

拡大

進化した○○、進化を遂げた

進化という言葉は、生物学的に正しく使わないと危険である。

何度も書くけど、とくに人間に対して使うと、ナチス・ドイツの同類になっちゃうからだ。

→「成長」「進歩」「改良」などと、正しく使うべし。

地球にやさしい

地球からすれば、人類は皮膚に棲んでいる寄生虫のようなものである。 寄生虫にやさしくしてもらいたいですか?

地球環境を保全するのは、地球のためではない。 二酸化炭素が増えようが酸素がなくなろうが、全球凍結しようが灼熱地獄になろうが、それも地球環境である*2

→「人類の生存できる環境を維持する」とか言ったほうが良いのでは。

エコ(eco)

長年「エコロジー」という言葉にも違和感を感じていたのだが、それが省略されて「エコ」になっちゃうと、違和感倍増である。

ちなみに、ワシは卒論を作物学/雑草学/植物生態学の領域で書いた。 大学時代には自然環境保全についてもずいぶん考えた。実地調査もした。 あんまりまじめにではないが、現在も生態学的な方法論を用いて調査したり考察したりしている。 つまり ecology については、そこそこ知っているつもりなのだが、それと「エコ」とはずいぶん違う気がするのだ。

英語の格言だかなんだかに、

Life goes on.

というものがある。

アルクの英辞郎によれば、

「(何が起ころうとも)人生は続く」

ということだが、この life を人生ではなく生命と読み替えれば、

「(何が起ころうとも)生命は存続しつづける」

となる。

ecology の視点からすると、ヒトは数千万種の生物の中の一種にすぎない。 ヒトが絶滅しても(絶滅したほうが?)、地球の生態系は(変化があるにせよ)維持されていくだろう。

生かされている

宗教的な感じがイヤ。

山などでものすごく感動的な体験をしたことは何度もあるが、「生かされている」と思ったことはない。 毎度「生きてて良かった」と思うのである。

「生かされている」なんて言い方は、間違うと「生きることが許されているのだろうか」なんて無用な悩みにつながりそうな気もする。*3

あ! そういえば、通勤途上で「生かされている」人たちをよく見かけるぞ。 傘さしてたり携帯電話使ったりしながら自転車に乗っている高校生や、道路の真ん中を自転車でふらふらと走るおじいさん、後ろも見ずに歩道から車道に飛び出してくる自転車のおばさん。 彼らは心優しく俊敏な自動車のドライバー達(ワシを含む)に「生かされている」のである。

癒される

「くれない族」が使いそうな言葉だな。

まぁ、好き好きだけど、騙されてお金を巻き上げられたり、心や身体に深い傷を負わないように気を付けてね。

自分探し

見つからなかったらどうするんだ。

冗談はさておき、若いときには旅やいろいろな仕事で経験を積んでおくべきである。 ただし、そこで「自分探し」をしようとしてはいけない。*4

「自分の生き方」や「自分がどういう人間なのか」なんて、そう簡単に見つかるものではないからだ。 その意味では、「人生そのものが自分探しの旅」なのである。 もちろん、見つからずに死んじゃうかも知れない。*5 だがまぁ、なるべく、死ぬときに満足して死ねるように、小さな幸せを大事にして、日々を過ごしたいと思うのである。

……と言いつつ、半世紀生きてきて、「あのとき、こっちじゃなくてあっちを選択していたら、どうなっていただろう」と思うことがないわけではない。 いまここでこうしてキーボードを叩いていずに、地球上の別の場所を彷徨っているかも知れないし、もっと優雅に暮らしているかも知れないし、死んじゃっているかも知れない。 まぁ、運命なんてものはなく、すべて結果論なのだなぁ、と思うのだ。

だからまぁ、他所で自分を探そうなどとせず、経験として蓄え、それを自分を磨く材料とすべきなのだ。

思い出作り

「友達作り」に通じる居心地悪さを感じる。 「作る」もんじゃなくて、気付かないうちに「できる」もんだろ*6

「いい思い出ができました」は、「いい経験をさせてもらった」というように言い換えたほうが、言われた人の気持ちが良いと思うのだが。

元気をもらった

……もらうもんじゃないと思うんだよね。 もらわれてしまったほう(あげちゃったほう)は、元気が足りなくなったりしないのだろうか。 だって、元気一定の法則があるから。

……というのは冗談だが、元気とか意欲とかはもらうんもんじゃなくて、自分の内側から湧き上がるものだと思うのだ。 それを外からもらおうとしないほうがいいと思うなぁ。

信じなさい

不得手語」をリストアップしていて気付いた。 「自分」が主体でなく、「なんかしてもらう」「なんかしてやる」的な言葉が嫌いなのだ、ワシは。

もちろん、人は一人で生きていけるものではないし、何でも自分の思い通りになるわけでもない。 他人とのかかわりの中で、自分とは何かを一生考え続けるのだろう。

だからと言って、「はい、アンタはこういう人なので、こうやって生きなさいね」なんてことを他人に言われたくはない。 宗教や占いの類が嫌いなのは、そのせいだね。 「信じなさい」と強要されるのはまっぴらである。*7

と言われています

原典を明確に示さずに、健康器具の効果などを宣伝する際に用いられる言葉である。 「テレビや雑誌で話題の」という薬屋の店頭で見かけるポップ(広告)の同類。

「トルマリンから発生するマイナスイオンは健康に良いと言われています」というように用いられる。

ちなみにマイナスイオンについては以前、元祖【科学的逍遙】に書いたとおり、根拠がない。 滝の周辺の空気中に負電荷が多いという論文がもとになってはいるが、その元の論文には、生物体への影響については何も書かれていない。

インチキっぽい商品を売りたい人が、あやふやな根拠を示そうとするとき、「と言われています」などと誤魔化すのだ。

スピリチュアル

→別立てでスピリチュアル・ナンバーなどについて考察(考察というほどのものでもないが)。

参考

科学的逍遙日誌

元祖【科学的逍遙


*1 まぁ、好き好きであるから、こういう言葉を使うな、という意味ではない。ワシはあんまり好きではないなぁというだけである。
*2 というか、地球はかつてそういう環境だったのだ。それを、菌類や植物が、ワシらの過ごしやすい環境に変えたのだ。
*3 歴史を見ると「生かされているのだから、正義のための聖戦に命を投げ出せ」なんてことを言う宗教ばっかりだから、宗教が嫌いなのである。
*4 自分が見つからないと焦るやつが、カルトに引っかかるのだろうなぁ、きっと。
*5 ふと思うのは、ニュートンや平賀源内や寺田寅彦がコンピュータに出会っていたら、いったい何を成し遂げていただろう、といったことだ。あるいは、モーツァルトやベートーベンがシンセサイザーに出会っていたら? ぼくらも、出会っていたら人生が大きく変わるようなものに出会うことなく、死んでいくのかも知れないのだ。
*6 21世紀少年』にも似たような台詞があったね。
*7 よく読めばわかると思うが、ワシは「信じる」ことを否定しない。それこそ、個人の自由である。しかし、「自分が信じていることをアンタも信じなさい」という権利は、誰にもない。

FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-01-14 (金) 22:18:01 (3200d)