非戦反核

2013年の年賀状

拡大

2013年の年賀状を作り始めたのは2012年12月、総選挙の少し前だった。

世の中が変なほうへ行ったらイヤだなぁ、せめてウチのスローガンを年賀状に記しておくか、ということで考えたのが「非戦反核」である。

非戦

戦争に依らずして紛争を解決することこそ、文明の証であろう。

「反戦」でも良いのだけど、なんとなく、声高に叫ぶよりも口を結んで意思を示したいと言うか、そういう感じなのである。

反核

「非核」というと、非核三原則に代表される「核兵器を持たない・使わない」ことに限定されそうな気がして、「反核」とした。

核兵器だけでなく、「核の平和利用」についても「基本的に反対」と言いたい。

核兵器だけでなく、原子力発電のような、大気圏内、生態系内での大規模な核分裂反応にも反対の意を示す。

だが、「核と人類は共存できない」とは思っていない(個人的な感想です)。

非破壊検査や医療などに放射線を用いることまでは否定しない。 あくまで、制御不能となったときに取り返しのつかない事態に陥るような大規模な核分裂反応に反対なのだ。

大気圏外なら、もともと放射線の嵐の荒れ狂う環境である。 閉鎖的な生態系(宇宙船とかスペースコロニーとか)と切り離された環境での核の使用は可能かも知れない。

大規模な核分裂反応を研究・応用したい人は、まず安価な宇宙旅行を実現させてはどうか。 宇宙エレベーターを作るとか。 宇宙エレベーターのほうが、核燃料サイクルよりも現実的かもよ。

2014年

2014年の年賀状

拡大

2012年の年末に感じていたイヤな予感は現実のものとなってしまった。 これは、「非戦反核」の旗は掲げ続けないとダメかなぁ、と思い、2013年用年賀状のデータを、2014年用の年賀状に使い回した。

科学的逍遙日誌


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-01-03 (金) 18:02:08 (2053d)