病院へ行くため休んだ。

まだ直らない。 長時間座っているのが辛い。 日誌/2007-05-23参照。

チョウゲンボウの狩りを見た

いや、正確に言うと狩りの瞬間は見ていない。 狩りの直後の出来事を見ただけだ。

朝の散歩から帰ってきたとき、ウチの前でこんが隣の屋根を気にするのでフト見上げると、ガタンと音がして鳥が飛び立った。 ハトより一回り大きいくらいの鳥だが、右足で何かつかんでいる。 変だな、と思ったのは、そのまわりでスズメが数羽、騒いでいたからだ。

電線に止まったのでよく見ると、チョウゲンボウである。 右足でつかんでいるのはスズメ(たぶん幼鳥)のようだ。 5〜6羽のスズメと2羽のムクドリまでが一緒になって騒いである。 チョウゲンボウに突っかかるヤツも居る。

チョウゲンボウはすぐに飛び立ち、隣家の屋根の向こうに消えた。 追い立てるように、というか追い立てているのだが、何羽かのスズメとムクドリも飛んでいった。

天敵に対して集団で騒ぎ立て、攻撃を仕掛ける、「モビング」と呼ばれる行動である。 この行動は、スズメとムクドリが一緒になって、捕らわれの身となった子スズメを助けようとしたもの……ではない。 とにかく天敵が近くにやってきたとき、自分たちが多勢なら強気になって追い立てるという行動だ。 うまくすれば捕られずにすむ、というわけだ。

チョウゲンボウを追って行った連中も次第に気弱になって脱落し、子スズメは結局チョウゲンボウに食べられることになるのだろう。 そのチョウゲンボウ自身にか、配偶者にか、子供にか、とにかく栄養源になるのである。 そういうものだ。

ちなみに、チョウゲンボウは小鳥を捕食するハヤブサの仲間で、都市部で見かけることも多い。 ハヤブサ類は崖などに営巣するが、ビルの窓のひさしで子育てする様子が話題になることもある。 ウチのへんは地方都市の郊外で、住宅地と田んぼや畑が混じった環境だから鳥は多いが、どこに営巣しているのだろう?


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-05-30 (水) 17:02:12 (3830d)