内部被曝

内部被曝(ひばく)とは

吸い込んだり飲んだり食べたりして、体内に取り込まれた放射性物質から放出される放射線に(さら)されること。

体外の放射線源からの放射線による外部被曝と比べて除染が困難で、放射線の影響が長期間にわたる。

放射線の影響

古い本の中から気になる記述を見付けた(『カラー生物百科』443ページ、平凡社、1975年)。

突然変異率への影響は、いろいろな環境の刺激で生じる。(中略)

紫外線は260nm辺の波長で効果があるが、多細胞生物では外側の細胞層のみが照射されるにすぎない。これに対し、宇宙からくる、あるいは自然または部分的であるが人工の放射性物質から生じるイオン化放射線は、きわめて透過力が強い。ここでは個体を死へまで招く放射線傷害には触れないが、遺伝的傷害は放射線量とともに直線的に増加し、そして照射されたものの遺伝物質内では累積した多くの変異した遺伝子は目立つことがなく、ずっとのちの世代になってやっと発現する。変異誘発要因である放射線の遺伝学的な許容量は、さしあたり次のようにいえる。“われわれは、今日自然突然変異よってもたらされる流産、奇形あるいは遺伝病が、2倍化、10倍化あるいは100倍化されるのに〈耐えられる〉であろうか(ブレッシュ)”

この記述は外部被曝に関するものであるが、内部被曝の場合さらに深刻なので、「耐えられる」かどうかについて、より真剣に考えなくてはなるまい。

なにしろ、この本が発行されてから36年経つのに、低レベル放射線の遺伝学的な許容量も、がんの発症などの影響も、明らかになっていないのだから。

参考


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-05-26 (木) 00:19:40 (2945d)