冬の大六角形の描き方

クイズ/冬の大六角形を描くには?」なんてページを作って、解答解説に六角形の図を載せたが、それだけでは、実際の夜空で大六角形を見つけるのは、ちょっと難しいかも知れない。 その大きさがイメージしにくいからだ。

冬の夜空

冬空でまず目に止まるのは、東から南の空にかけて昇りつつあるオリオン座だろう。

オリオン座

そのオリオン座の左肩の明るい赤っぽい星、ベテルギウスと、オリオン座に付き従うおおいぬ座のシリウスを結ぶ線を思い浮かべる。 シリウスは、北半球で最も明るい星だし、青白く光っているからすぐにわかるはずだ。 ベテルギウスとシリウスを結ぶ線と同じくらいの長さの線を、それぞれの星から延ばして正三角形を思い描く。 すると、だいたいその頂点あたりに、こいぬ座のプロキオンがある。

冬の大三角形

……ということで、冬の大三角形はたやすく完成。 冬の大三角形を基準に、冬の大六角形を描こう。 プロキオンとシリウスを結ぶ線を手がかりに、シリウスから同じくらいの長さの線を、オリオン座のリゲルに延ばす。

シリウスとリゲルを結ぶ

ここから上のほうに同じくらいの長さを伸ばすと、おうし座のアルデバランに至る。

リゲルとアルデバランを結ぶ

ここまで3辺ができると、全体の六角形の大きさが推定できる。でかいでしょう。

アルデバランから、思い切って北のほうへ、ぎょしゃ座のカペラへと延ばす。

アルデバランとカペラを結ぶ

ここから反転して下へ、ふたご座のポルックスに線を延ばす。 ちょっと長いので隣のカストルでもいいかな、と思うが、明らかにポルックスのほうが明るい。 双子のはずなのにね。

カペラとポルックスを結ぶ

最後に、ポルックスとプロキオンを結んで、冬の大六角形の出来上がり。

冬の大六角形

視野いっぱいに広がる巨大な六角形。 まだ見たことがない人は、雲がなく晴れ上がった冬の夜、確かめてみることをオススメする。 寒くて鼻水が出るので、防寒具とティッシュをお忘れなく。

参考


FrontPage   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-12-25 (木) 21:54:45 (3922d)